ワインのレストランでのマナー

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインが難しいと思われているひとつの要因に、マナーがあります。本来、ワインは自由に楽しめるお酒なのですが、どこか難しい顔をしながら飲んでいる方もいたり、とてもオシャレで高級なレストランで飲まれているなど、ある程度のマナーを守ることが必要となっていきます。ここでは、ワインのマナーについてをまとめました。

レストランでの食前酒について

ワインのマナーを守るべき時は、多くの場合はレストランでワインを楽しむ場合です。ホームパーティーであれば、ワインがついても染みにならないような色の服を来てきたり、女性であればあまりスカートをはいてこないなど、そういった簡単なマナーを守るだけでよいでしょう。

しかし、レストランの場合はある程度のドレスコードを守ったり、さまざまなワインに関するマナーを守る必要があります。

まず、レストランでは必ず食前酒を聞かれます。実は、あまり気にすることはなく、食前酒は断れます。ただし、マナーとしてはシェリーやスパークリングワインなどがおすすめです。また、ビールはお腹いっぱいになる可能性があるので、高級レストランでは置いていない場所もあります。

ワインの注文のマナー

ワインはいかがなされますかと、多くの場合はソムリエが聞いてきてくれます。その時、何でも良いとか、下手に知識ぶるのはマナー違反です。その日の料理に合わせてソムリエがいくつか、おすすめを話してくれます。

金額であれば、指でその金額を指してこのくらいで、今日の料理に合わせやすいものといった感じで頼むことがマナーです。

当然ですが、自分が飲みたいものを飲むべきですが、一人ではなく二人連れであった場合は、自分がホストとなります。ホストのレストランでのマナーは、相手を喜ばせるところにあります。そのため、自分勝手な行動はマナー違反ととられます。

ワインの楽しみ方のマナー

ワインをソムリエが持ってきた時、ホストテイスティングをもとめられます。これは、コルクカビに汚染されたり、ワインが劣化していないかを確認する作業となります。別に、味わいのテイスティングを求められているわけではありません。

グラスを回す必要もないですし、ワインが酸化しているなど、そういった劣化が見つからないのであれば、結構ですといってソムリエに伝えるだけで良いです。

そして、グラスが注がれたら、献杯で乾杯をします。軽くグラスを当てても良いですが、ワインのグラスは薄いために、マナーとしてはぶつけるよりも、軽く上に上げるだけで大丈夫です。

サーブの仕方や食後酒

ワインを飲んでいると、当然ですがグラスがあいてしまいます。そんな時、自分で勝手に相手のグラスに注いだり、自分のグラスの注ぐ姿は美しくありません。大抵の場合、グラスが空いていたらソムリエが無言で注いでくれます。

仮に、ソムリエが気づいていなかった場合は、目線で合図をしてワインのお変わりを貰うとうよいでしょう。

また、食事が終わった後の食後酒についてですが、シェリーの甘口やマディラ、甘口ワインなどが一般的です。ワインボトルを頼むなどは、マナー違反となるので注意してください。ワインのマナーを覚えておくと、今後便利です。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ