ワインのミディアムを知ることが大切

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインは、ミディアムやフルボディ、ライトボディなど、さまざまなボディが存在しています。ミディアムといわれると、中途半端なイメージを持たれる方もいますが、ワインのミディアムは非常に飲みやすく、普段使いしやすい中級ワインです。多くの場合、ミディアムボディのワインがワイン好きに愛されており、普段使いされてるワインにもミディアムが多いです。今回、ここではワインのミディアムについてを紹介します。

ワインのボディはタンニン

 

フルのワインといわれているワインを見てみると、総じて色合いが濃く、そして渋みやボリュームがあります。このワインがフルと呼ばれている所以としては、タンニン量やアントシアニンの量などが大きく関係しています。

 

アントシアニンは、ワインの果皮に含まれているポリフェノール類の一種ですが、これが多いことで色合いが濃くなっていきます。しかし、ポリフェノール類の一種といえば、渋みの成分であるタンニンもそれに当てはまります。つまり、色が濃いワインというのは、タンニン量が多く渋みも強いわけです。

 

カベルネソーヴィニヨンやタナ、マルベック、ネッビオーロなどがそれにあたり、どれも長期の熟成にも耐えることができる、長期熟成タイプの品種です。また、こういったフルボディのワインは、樽をしっかりときかせていることもあり、

 

ヴァニラの香りがたっぷりとついた、ボリューム感のあるワインとなっています。フルのワインが飲みにくいという方もいるかもしれませんが、高級ワインと呼ばれるワインは殆どがフルボディであることは理解しておきましょう。

 

ミディアムの味わい

 

ワインのミディアムとなると、品種から変わってきます。ミディアムの場合、メルローやカルメネール、テンプラリーニョなどが挙げられますが、これらはまろやかさを中心とした品種です。

 

フレッシュで果実味を感じさせる香りを持ち、タンニンも比較的には穏やかです。また、樽の香りもほどよくつけられているものが多く、そこまでギシギシしていないこともポイントとなっています。

 

さらに、口当たりが入った瞬間に非常にまろやかであることからも、女性が好む赤ワインの味わいにはこれらが当てはまります。料理にも合わせやすく、価格もカジュアルなものが多いことからも、ミディアムボディの赤ワインは非常に食卓においては重宝されている存在となっています。

 

ワインのミディアムを手に入れる方法

 

ワインのミディアムを手に入れる方法ですが、多くの場合はラベルの裏に記載されています。ただし、インポーターによって日本語で表記されているかは分かりませんので、確認が必要です。

 

さらに、メルローやピノノワール、テンプラリーニョなどの品種から探す方法もあります。メルローの場合、カベルネソーヴィニヨンとブレンドされたものが多くありますが、メルロー100%でヴィンテージも比較的若いものであれば、ミディアムボディとなります。

 

また、品種の名前が分からない場合は、スタッフに味の印象を聞いてみるという方法があります。ワインのミディアムはとても飲みやすく、多くの方々に人気が高いです。ワインを好きになりたいという方がいた場合は、ミディアムを手渡ししても喜ばれます。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る