ワインのボディのミディアムについて

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインには、ミディアムボディという表現があります。ミディアムというのは、読んで字のごとく中くらいという意味合いですが、ワインでいうミディアムはフルボディとライトボディの中間と捉えると良いでしょう。ここでは、ワインのミディアムということについて解説します。

ボディは赤ワインだけ

フルボディの定義としては、ボリュームがあるとか、ふくよかであるとか、そういった味わいの大きさによるものとされています。ワインのボディを決める最大のポイントは、縮合型タンニンとフェノール類の量といわれています。

果皮と種子からタンニンを抽出する赤ワインは、白ワインとは違ってボリューム感を大切にしています。さらに、赤ワインでは不要とされる強いリンゴ酸の酸味はまろやかな乳酸へと二次発酵によって変化します。

乳酸は、ヨーグルトなどに含まれる乳酸ですので、甘酸っぱくまろやかです。シャープでキレがあることは、ボディには関与するところではなく、結果的に赤ワインのボリュームがボディとして言い表されているのです。

ミディアムとは

フルボディとライトボディの中間がミディアムという表現がなされていますが、多くのワインがミディアムボディとなります。フルボディの場合、カベルネソーヴィニヨン、タナ、サンジョベーゼ、テンプラリーニョ、ネッビオーロなどの果皮が厚く、アントシアニン量が多いような濃いワインを造るワインがこれを造ります。

タンニン量も非常に多く、熟成などを経ていないカベルネソーヴィニヨンだった場合、口のなかがキシキシなってしまほどです。

こういったフルボディのワインは、まろやかになるまでに長期間熟成されることが殆どであり、結果的に高価なワインに多くなります。一方、ライトボディのワインとなると、ガメイであったりマスカットベーリーAなどのタンニン分が少なく、色合いも淡く美しいブドウ種で造られるワインが多く見受けられます。

その理由ですが、できるだけフルーティーに仕上げることを目的としているため、タンニン分が少ない醸造方法なども用いられるのです。ミディアムボディは、要するにこの中間部分に存在するワインであり、極端なものではなく、普段使いしやすい飲みやすくバランスの良い味わいとなっているのです。

ミディアムの味わい

さて、ではミディアムボディのワインとはどういった味わいなのでしょうか。ミディアムには、相当な幅がありますので注意です。例えば、メルローで造られるワインはミディアムであることが多いです。

しかし、熟成を経ているまろやかで重厚感のあるメルローもあれば、若くチャーミングなミディアムのメルロもあります。この両方は、ミディアムボディとなることが多く、ミディアムだから全く同じような味わいであるとは限りません。

また、ピノノワールの場合はタンニンが少ないのですが、旨味成分であるアミノ酸が豊富に含まれています。

そして、まろやかさが熟成とともに増えていくために、フルボディと称されるものまであります。法律でこのボディの比率が決められているわけではなく、造りてや販売店、インポーターの指針で決められているだけですので、あくまでそのワインの味の参考程度におさめておくとよいでしょう。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る