ワインのペアリングってなに?基本知識と具体例

ワインのペアリングってなに?基本知識と具体例

ワインと料理の相性を表す言葉として「マリアージュ」というのは有名です。しかし最近注目されているのが「ペアリング」。ではこのペアリングとはどのようなものなのでしょうか。今回はワインのペアリングの基礎知識や具体例についてご紹介します。

ペアリングとは?

そもそもワインのペアリングとはどのようなものなのでしょうか。

ワインと料理の組み合わせのこと

ワインのペアリングとは、簡単に言えば「ワインと料理の組み合わせ」のこと。ワインにも料理にも様々な個性がありますが、ペアリングではその個性の組み合わせを楽しむもの。ワインと料理をそれぞれ単体で味わうよりも、相乗効果でよりよい味を楽しむことができます。

コース料理の1皿に1種類ずつワインを変えて楽しむ

最近注目されているペアリングのスタイルは、コースメニューの一皿に対して、ひとつのワインを楽しむというものです。

コースの場合、前菜からデザートまでいくつかの料理が提供されますが、それぞれのメニューに応じて、一種類ずつ異なるワインを楽しむのがペアリングの魅力です。

自分で選んだり、ソムリエに任せたりする

ペアリングの楽しみは自分でワインを選ぶということ。そのためには料理がどのようなものか、どんなソースが使われているのかをくわしく知ることができるとともに、新しいワインの魅力を引き出すことも可能になります。

といっても、それほどワインや料理の知識がない人でも、ソムリエに任せるだけで簡単にペアリングを楽しむことができます。

マリアージュとの違い

料理とワインの組み合わせといえば、「マリアージュ」という言葉が有名です。ではマリアージュとペアリングではどのような違いがあるのでしょうか。

マリアージュはフランス語で結婚のこと

「マリアージュ」とはフランス語で「結婚」を意味する言葉です。ワインと料理が結婚したように最適の組み合わせを楽しむのがマリアージュということができます。

ペアリングは相性を楽しむ(ハーモニー)

それでは、マリアージュとペアリングではどのような違いがあるのでしょうか。簡単に言えば、ワインと料理のペアリングを意識すると、マリアージュが生まれるということになります。もともとワインは食事をしながら楽しむためのお酒。そのため、料理との相性は非常に重要です。つまりペアリングは料理とのハーモニーを楽しんだり考えたりすることを指す言葉。一方のマリアージュはそのペアリングから生まれた状態を示しています。

ペアリングの方法

それでは具体的にペアリングを楽しみたいというときにはどんな方法があるのでしょうか。

似ているもの同士を合わせる

ワインと料理のペアリングを楽しみたいというときには、まず似ているもの同士を組み合わせるという方法があります。たとえば、コクのあるものとコクのあるもの。しっかりとしたボディを持った赤ワインや、スパイスの香りを感じるワインには、しっかりとしたビーフステーキや黒コショウなどスパイスの利いたものを合わせるという方法です。

また、さっぱりとした料理には、同じくさっぱりとしたワインを合わせるというのも良い方法です。

対照的なものを合わせる

似ているもの同士を合わせるのとは逆に、対照的なものを組み合わせるというのもよいペアリングの方法です。

日本でも、ぜんざいに塩昆布が添えてあることなどと同じように、塩気の強い料理に甘味の強いワインや、ハチミツなどの香りのするワインを合わせるといった方法です。

もし上手なペアリングを行いたい場合には、個性の強い料理と個性の強いワインを合わせると成功することが多いようです。

ペアリングの具体例

ペアリングはワインや料理の知識がないと難しいものというイメージがあるかもしれませんが、実はちょっとしたポイントを押さえるだけで簡単にペアリングを行うことができます。

トマトのパスタと辛口の白ワイン

家庭のメニューとしても登場することの多いトマトのパスタですが、アンチョビやオリーブといった塩気の強い食材を使うと、ワインの苦味が和らいでまろやかに感じることができます。たとえば辛口の白ワインであれば、トマトの酸味とのペアリングも楽しめます。

フルーツソースと赤ワイン

日本ではお酒とスイーツを合わせる習慣はあまり一般的ではありませんが、ワインの場合、果物やハチミツなどの甘味が加わると、コクが加わって感じられます。

たとえば、カモ肉や鶏肉にリンゴやドライプルーンなどを加えたソースと赤ワインのペアリングは、コクと酸味、深みが加わるためおすすめです。

ビーフストロガノフと白ワイン

ワインと料理には酸味や甘味などの共通点がありますが、うま味もそのひとつ。このうま味の相乗効果もペアリングの魅力です。たとえば、たまねぎをたっぷり使ったビーフストロガノフは白ワインと合わせるとうま味がアップ。さらに、この組み合わせは白ワインの果実感を落ち着かせるため、若さや青さを感じるワインを、より深みのある味わいに変化させることができます。

レストランでペアリングを楽しむポイント

家庭だけでなくレストランでもペアリングも楽しいもの。ではレストランでペアリングを楽しむときにはどのようなポイントがあるのでしょうか。

ペアリングコースがあるお店を選ぶ

レストランでワインのペアリングを楽しみたいというとき、なんといってもおすすめなのはペアリングコースがあるお店を選ぶこと。あらかじめコースが用意されているお店なら、簡単にペアリングを楽しむことができます。

また、専門のコースがないというお店でも、予約の電話のときに相談すれば対応してくれるところも少なくありません。

ペアリングコースのあるお店の場合、ちょうどよい飲み頃のワインに当たる可能が高いというのも大きなメリット。

というのも、あまりワインが出ない店の場合、抜栓してから時間が経ったものや、酸化が始まっているものに当たる可能性もありますが、ペアリングコースのあるお店の場合、ワインの回転も早いため、劣化の心配がありません。

予算をみておく

レストランでワインを飲むとき、心配になるのが予算です。もしレストランでワインを頼むと、予算オーバーしてしまうかもしれないという心配があるときには、あらかじめきちんと予算を計算しておきましょう。

レストランでペアリングを楽しむときには、料理とワインを合わせて一万円程度が一般的。もちろん、レストランによって価格は異なるため、あらかじめレストランに確認しておくと安心です。

苦手なワインはあらかじめ申告

レストランでペアリングのコースを頼むときには、提供されるワインはあらかじめ決まっているもの。そのためワインを選ぶ必要はありませんが、もし苦手なワインがある場合、あらかじめ申告しておくとよいでしょう。

その場合、別のワインに変えてもらえることがほとんどです。せっかくワインを楽しみに来ているのに無理をする必要はありません。といっても、あまり好き嫌いを考えるとせっかくのペアリングも楽しめなくなってしまいます。苦手なものがあってもまずは試してみるのがよいでしょう。

まとめ

一見、難しい知識が必要なペアリングも、実はポイントを押さえるだけで簡単に楽しめます。食卓の料理にちょっと手を加えるだけで、驚くような味の変化を感じることができるはず。まずはワインと料理のペアリングを意識してみることがスタートです。

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

ワインについて

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ
string(12) "not excludes" string(10) "cat is obj"