ワインのブショネとは?原因と見分け方について

ワインのブショネとは?原因と見分け方について

せっかくのワインを開けたとき、不自然な異臭や酸味などを感じたことはありませんか?実はそれは「ブショネ」と呼ばれるもの。今回はブショネが起きる原因や見分け方、対処法などについてご紹介します。

ブショネとは?

ワイン初心者にとって聞きなれない「ブショネ」。ではブショネとはどのようなものなのでしょうか。

ブション(bouchon)が由来

「ブショネ」とは、フランス語のブション(bouchon)が由来とされています。ブションとは、日本語では「コルク」を指す言葉。そのため、英語圏では、「コルキー」とも呼ばれています。

劣化したワインを表す用語

ブショネは品質が劣化したワインを指すワイン用語です。ブショネには様々な度合いがあり、軽いものから重度なものまで様々です。軽いものの場合、ほとんど気づかないこともありますが、ひどいブショネの場合には顔を近づけることもできないほどとも言われています。

コルク臭と呼ばれる

ブショネとは別名を「コルク臭」とも呼ばれています。といってもコルクのにおいがするわけではなく、「カビのにおい」「湿ったダンボールのにおい」にたとえられることもあります。

そのほかにも、「乾いていない雑巾」「腐った野菜のにおい」と言われることもあります。

ブショネの原因

それではこのブショネはどのような原因で起きるのでしょうか。

コルク栓の汚染

ワインの栓は、金属などのスクリューキャップで出来ていることもありますが、高級なものの場合、ほとんどが天然のコルク製。

コルクは樹皮から作られているもので、軽くて丈夫、弾力性に優れているだけでなく、断熱効果も高いことからワインを長期保存するためには非常に便利な素材。

また、刻印ができる、長さによってワインの熟成期間を表すことができるといった、ワインの栓にはうってつけの存在です。

しかし、天然素材であるがゆえに、コルクとして作られる前にはバクテリアや菌、微生物といったものが付着しがち。もちろん、コルク栓として加工される際には徹底した殺菌や消毒が行われますが、ごくまれにそれらのバクテリアなどに汚染されたコルクが混ざることがあります。

このバクテリアや菌が繁殖することがブショネの原因と言われています。

化合物TCA(トリクロロアニゾール)

コルクを消毒するために使用される塩素系消毒剤もブショネの原因となることがあります。この塩素系消毒剤はある種のバクテリアと摂取することでトリクロロアニゾールという物質に変化、この化合物もブショネの原因となります。

さらに、塩素系消毒剤はコルクだけでなく熟成に使われる樽やワインを貯蔵するワインカーブの壁材や床材の清掃にも使用されますが、その際にブショネを起こして、樽やワインカーブが丸ごと汚染されることもあります。

そのほかにも、瓶詰前のボトルや木箱、輸送に使われる段ボールに存在するバクテリアなどによってもトリクロロアニゾールが発生することもあるため、ブショネを完全に防ぐことは事実上不可能であるとされています。

酸化と劣化の違い

ワインの変質の中には、ブショネ以外にも様々なものがあります。その代表的なものが酸化と劣化です。では酸化と劣化にはどんな違いがあるのでしょうか。

・ワインはそもそも酸味が含まれている

酸化というと、ワインが酸っぱくなるというイメージですが、ワインにはそもそも酸味が含まれています。しかもワインはリンゴ酸やクエン酸、コハク酸など様々な酸が含まれているもの。そのため、ワインを飲んで酸味を感じるのは当然ということもできます。

酸化して熟成するのは良いとされる酸化

また、酸化はワインの熟成を進めるうえで絶対に必要な存在です。赤ワインなどの場合、実際に飲む前にデキャンタなど別の容器に移して味をまろやかにする「デキャンタージュ」が行われることもありますが、実はこれは酸素に触れる面積を増やし、酸化を進める行為。

そのため、酸化を進めることは熟成を進めることにもつながります。

熱により酸のバランスが崩れると劣化となる

このように「良い酸化」がある一方で、「悪い酸化」も存在します。

この悪い酸化は、ワインが本来持っている香りや風味、味などを壊してしまう酸化。

たとえば、コルクがきちんとはまっていない場合など、ボトルの中に通常より多くの空気が入ってしまうことがありますが、そうするとボトルの中でワインの参加が進みすぎて、酸味のバランスが崩れてしまいます。

また、空気以外にも振動や熱などによって酸化は起こります。

ブショネの見分け方

素人にはなかなか見分けがつかないブショネと酸化。ではブショネを見分けるときにはどのようなポイントがあるのでしょうか。

グラスに注いで空気をふくませる

もしブショネかもしれないと思ったときには、まずグラスに注いで空気を含ませてみましょう。ブショネの程度には様々な度合いがあるため、様子を見ながらグラスを回して、ゆっくり酸素に触れさせてみましょう。

ワインが酸素に触れた場合、不快なにおいが強くなるケースと、においが揮発してなくなることがあります。

1~2分放置してふたたびワインの香りを嗅ぐ

グラスにワインを注いで1~2分程度放置して、再び香りを嗅ぎます。もし匂いが悪化した場合はブショネ。逆に開封直後にコルク臭がしても放置して健康な香りならブショネではないと判断することができます。

特に自然農法で作られたワインの場合、開栓直後は独特のにおいがすることもありますが、少し待つことでそれがワインの香りか、ブショネなのかを見分けることができます。

ブショネに当たったら?

それでは、もしブショネに当たってしまったらどう対処すればよいのでしょうか。

ブショネに当たる確率

すでに説明したように、製法などの関係からコルクを使用したワインの場合、どうしてもブショネが発生することがあります。また、スクリューキャップのものでも製造段階でブショネが起きることもゼロではありません。

このブショネが起きる確率は、全体の2~3%だと言われています。

それぞれの対応

もしレストランなどでブショネのワインに当たってしまった場合、その旨をソムリエなどに伝えましょう。もしブショネであれば、ワインを交換してくれます。

ただし、小売店などで販売されているワインには注意が必要。ワイン専門店などでは、ブショネへの対応を行っているところもありますが、逆に「ブショネの場合の返金や交換には応じません」と明記していることもあります。

また、量販店などではブショネの存在を知らないスタッフが販売していることも多いため、その場合にも交換や返金は期待できないでしょう。

そのため、もし高級なワインを購入する場合には、あらかじめブショネへの対応を確認しておくことが必要です。

ブショネの活用方法

ではもしブショネのワインを購入した場合、捨ててしまうしかないのでしょうか。

もしブショネのワインに当たった場合、料理に使うという方法もあります。

ブショネのワインであっても、しっかりと煮詰めれば匂いは飛んでしまうもの。もちろん香りも一緒になくなってしまいますが、煮詰めてソースなどに使うことでブショネのワインを救うことができます。

たとえば肉などと相性のよい赤ワインはビーフシチュー、シーフードと相性のいい白ワインはアクアパッツァといった具合に使い分けると、せっかく購入したワインを無駄にすることもなくなります。

まとめ

栓を抜いてみるまでは見分けることができないのがブショネ。もしブショネに当たってしまった場合、飲んでしまうことがないようにしっかり知識を身につけておきたいものですね。

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

ワインについて

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ