ワインのさまざまな飲み方

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインを購入して家で飲むとき、どんな飲み方が本当は良いのだろうと思ったことがあるでしょう。ワインは難しいことをいろいろと考えず、自分の好きなように飲まれることが大切ですが、飲み方をいろいろ知っていると、またそれもワインの楽しみを広げます。今回、ここではワインの飲み方についてを紹介していきます。

赤ワインや白ワインの一般的な飲み方

まず、赤ワインですが常温といわれています。しかしながら、赤ワインの種類によっては冷やして飲んでしまっても大丈夫です。赤ワインの場合、タンニンが多く含まれており渋みを感じます。

しかし、カベルネソーヴィニヨンやネッビオーロ、テンプラリーニョなどの品種ではなく、ガメイやマスカットベーリーAなどの品種は比較的、渋みが穏やかです。また、果実味を前面に出す品種の場合は冷やして飲むこととより美味しさを楽しめます。

一方、白ワインもシャルドネ種で樽を利かせているものであれば、パンドミの香りやナッツ、まろやかさがウリとなるので常温での飲み方がおすすめです。

ワインの飲み方として、香りやまろやかさを大切にするのであれば比較的高めの温度、フレッシュ感やスッキリとしたのどごしを求めるのであれば、冷やして飲むという方法がおすすめです。

ワイングラスの選び方

ワインの飲み方として、自宅で複数人と飲まれる場合はどのような飲み方が良いでしょうか。まず、グラスはワイングラスを使いたいところです。どんなグラスでもワインさえ入っていればそれで良いですが、ワイングラスはワイン用に造られているグラスとなります。

ワイングラスは、細い持ち手がありそこからふっくらと膨らんだ形状になっています。ワインは繊細なお酒ですので、持ち手で液体が入った面を握ってしまうと温度が上がってしまいます。

そのため、注がれたワインに影響を与えない持ち手が存在しています。また、口部分がすぼんでいたりするものは、香りをよりとりやすくするためです。香りがワイングラス内に充満し、それらを飲む時に感じながら飲めるわけです。ある程度、クオリティが高いワインを飲まれる場合、ワイングラスを使った飲み方をした方が良いでしょう。

氷を使う

ワインに氷を入れるなんて、想像がつかないという方もいるでしょう。しかし、ワインは氷を入れてもとても美味しく飲むことができるのでお試しください。さらには、ジュースや炭酸で割ってしうまうもアリです。

例えば、タンニンがあまりないボジョレーや世界の新酒の場合、そのフレッシュ感を楽しむために氷を入れて飲んでも問題ありません。フルーツの香りをメインにした作りとなっているワインであれば、氷を入れてサングリア感覚で楽しむことができるのです。

サングリアの話しが出ましたが、その要領でジュースを入れても美味しく楽しめます。例えば、あまり高額ではないワインを数日に分けて飲んでいる場合、空気中の酸素との反応によってある程度は味わいが劣化します。

渋みが出てきて、あまり美味しくないと思った場合は、気にせず甘めのジュースで割っても問題ありません。ワインカクテルなども多く出回っているように、ワインにさまざまなものを混ぜて飲む飲み方も良いのです。ワインの楽しみを広げるのであれば、さまざまな飲み方を試してみましょう。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ