ワインに使われているフルボディについて

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインの味わいを表現する場合、フルボディという言葉で現すことがあります。ボディはワインの味わいを現す用語のひとつであり、赤ワインのみに使われ白ワインに使用されません。このボディとは、一体何なのでしょうか。ここでは、ワインのフルボディについてを解説します。

ワインのボディとは

ワインのボディは英語であり、これに対応する日本語はボリュームや重厚感、ふくよかさといったようにまだ曖昧な部分があります。

しかし、総合的に判断して、飲んだ感じが重厚である、中程度である、軽やかであるというところにボディを当てはめると良いでしょう。ワインのフルボディを表現する場合、ワインのなかでも比較的ボリューム感があり、アルコール度数の高い重ためのワインであると判断することができます。

ワインのボディを決める要因

冒頭でボディという表現は赤ワインに使用され、白ワインには使用されないとお伝えしました。その理由は、ワインのボディを作るのがポリフェノール類のなかの縮合型タンニンとアルコール度数に対するグリセロールの量、アントシアニンの量、アミノ酸の量だからです。

タンニンは、ワインに渋みを与える成分であり、果皮と種子に含まれます。さらに、樽熟成による樽からのタンニン溶解量もあります。白ワインの場合、果皮と種子は取り除き、果実だけを発酵させるワインです。また、一部の高級白ワインを除き、樽熟成ではなくステンレスタンクで熟成させフレッシュ&フルーティーな味わいに仕上げます。

一方、赤ワインは前述したように果皮と種子、そして樽を経て力強くまろやかな味わいに仕上げられます。つまり、フルボディやミディアムボディ、ライトボディという表現は白ワインでは使う必要がなく、赤ワインの造られ方の違いなどによって分けられることが分かります。

フルボディの赤ワインの品種

赤ワインのなかでフルボディとなりやすい要因としては、使用される品種の違いが大きく関わってきます。例えば、カベルネソーヴィニヨンとピノノワールでは、カベルネソーヴィニヨンの方がタンニンが多く含まれており、ピノノワールは比較的あっさりとした味わいとなります。

タナ、ネッビオーロ、テンプラリーニョなどがタンニンが多く、重厚感のある味わいを導き出す黒ブドウとして知られており、これらのブドウを使用することがフルボディのワインを造る根本的な要因となります。

フルボディのワインと熟成

熟成させた黒ブドウは糖度が上がっていくために、アルコール度数が高くなります。アルコール発酵の基本として、酵母がブドウ果実に含まれるブドウ糖を食べてアルコール発酵を起こします。糖度が高いブドウで全てを酵母に食べさせる場合、当然ながらアルコール度数は上がっていきます。

アルコール度数が高いワインは、甘みを感じさせるグリセロールが多く含まれており、またこのグリセロールは粘度に非常に強く関与しています。粘性が強いワインの場合、ねっとりとした質感となるために、ボリューム感が増していきます。

結果的に、これらの品種を使い、さらにはアルコール度数が高いワインは重厚でありフルボディなワインが、造られるということになります。フルボディのワインが飲みたいときは、裏ラベルなどに記載されていることがあるので、確認して購入すると良いでしょう。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ