ワインにフルーツを漬け込んだ「サングリア」について

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

近年ワインバーなどをはじめとした居酒屋などでよく見かけるようになった、「サングリア」。ここでは、サングリアとは何かといった基本的な説明や、自宅でサングリアを楽しむ際の注意点などに触れながら、サングリアについて詳しく解説していきます!

 

サングリアとは

サングリアとは、赤ワインにスライスしたフルーツや甘味料を入れ、ほんのり甘くしたフレーバードワインの一種です。もともとはスペインのアンダルシア地方において、ワインの保存性を高め、劣化したワインでも美味しく飲めるように作られたのがサングリアの始まりと言われています。

サングリアは、日本においてもここ数年の間に、ワインバーをはじめ多くの飲食店で提供されるようになり、瞬く間にその知名度がアップしました。

 

サングリアの魅力

ワインにフルーツなどを漬け込むことにより、ワインが果実由来の糖分などで甘くなるため、ワインの酸味や渋みが得意ではない人でも飲みやすいのがサングリアの大きな魅力です。

また、サングリアは水や炭酸で割っても美味しく、様々な飲み方を楽しむこともできる点も人気の一つの理由であると言えるでしょう。

 

赤だけでなく白のサングリアも

サングリアの語源は、スペイン語で「血」を意味する“Sangre(サングレ)”と言われています。確かに当初はサングリアと言えば赤ワインから造るものだったのかもしれませんが、最近では白ワインにフルーツを入れた白のサングリアも人気を集めています。

白のサングリアは赤のサングリアよりもすっきりとした爽やかな味わいが楽しめ、夏の暑い時期には特に美味しく感じられるのです。

 

自家製サングリアは酒税法違反になることも!

オレンジやグレープフルーツ、リンゴなど、身近なフルーツとワインさえあれば作れるサングリアは、自宅で作って楽しむ人も増えています。

ただし、日本における現行の酒税法では、梅酒などの混成酒を家庭で作る場合、20度以上の酒に漬けることが前提となっているため、20度に満たないワインをベースとしたサングリアを自宅で漬け置きなどをしていると、酒類製造免許がない限り酒税法違反となる可能性があります。

 

どうしても自家製サングリアを作りたい時は

どうしても自宅でサングリアを作って飲みたい場合は、飲む直前にワインに果物を入れるようにしましょう。

しかしながら、直前に果物を入れたとしても、ワインに果物の味がなかなか染み出て来ず、本来のサングリアの味わいとは程遠いものになってしまいます。そんな時は、オレンジジュースなどのジュースやガムシロップ、はちみつなどを加えると良いでしょう。そうすれば、よりサングリアらしい味わいが楽しめます。

 

サングリアの既製品もお勧め!

酒税法違反になることを気にすることなく、サングリアをもっと自宅で気軽に楽しみたい、という方には、サングリアの既製品がお勧めです。国内外の様々なメーカーがサングリアを販売しているので、ぜひ色々と飲み比べてみて、お気に入りの1本を見つけてみてくださいね。

お値段も比較的お手ごろなものが多いため、普段飲みにも最適です。

 

まとめ

いかがでしたか?日本でも最近人気を集めているサングリアですが、自宅で作ると酒税法違反になってしまうことがあるので注意が必要です!ぜひルールを守って、美味しいサングリアを楽しんでくださいね!

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ