ワインにとって最適な温度や湿度を保つワインセラーについて

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインを保管するにはワインセラーが最適、ということは多くのワイン愛好家に知るところになりつつありますが、それは一体なぜなのでしょうか。ここでは、ワインセラーがワインの保管に最適な理由や、冷蔵庫では不十分な理由、そしてワインを美味しく飲むための適温などについて解説します。

ワインセラーとは

ワインセラーとは、ワインを保存するための貯蔵専用庫のことを言います。一般的なワインショップなどでは、ワインクーラーも含めてワインセラーと呼ばれることがあります。しかしながら、ワインクーラーには外気温が下がり過ぎた時にワインを適温に保つ加温機能が備わっていません。より厳密に言うのであれば、冷やす機能と温める機能の両方が備わっているのがワインセラー、温める機能がなく冷やす機能のみが備わっているのがワインクーラーなのです。

ワインセラーの役割

ワインセラーの最も大きな役割の一つに、ワインの品質を守ることが挙げられます。ワインはとてもデリケートな飲み物のため、適度な温度や湿度で保管しないと、品質が劣化し、風味が損なわれてしまうことがあります。なぜ温度だけでなく湿度も大事なのかと言うと、湿度が50%以下の乾燥した環境下ではコルクの乾燥が進んで縮んでしまうため、ワインの酸化が促されてしまうからなのです。そこで、ワインセラーを使用することにより、ワインの保管に最適な12~14℃の温度で60%以上の湿度を保ちながら保管することができるようになります。また、他にもワインの劣化の原因となる日光や蛍光灯の光、振動などからもワインを守ることができるのです。つまり、ワインセラーを使用すれば、ワインにとって最も好ましい環境での保管が可能になるのです。

冷蔵庫はワインセラーの代わりにはならないのか?

ワインを保管するのに、家庭用の冷蔵庫では不十分なのでしょうか。飲みかけのワインを短期間保存しておく分には、冷蔵庫でもあまり問題はありません。しかしながら、長期間のワインの保管には不向きなのです。家庭用の冷蔵庫では、温度が3~6℃に設定されているため、最適な温度(12~14℃)よりもだいぶ低いのです。5℃以下でワインを保管すると、ワインに含まれている酒石酸という成分が結晶化してしまうことにより、ワイン持つ酸やコクが失われ、本来の香りや味わいが感じられなくなってしまいます。また、扉の開閉による温度変化もワインにとっては良くありません。また、冷蔵庫の中は乾燥していることや、モーターの振動があることも、ワインの保管に適さない理由として挙げられます。

ワインを適温で飲むには?

ワインを保管するのに最適な温度とワインが最も美味しく感じられる温度は、必ずしも一致するわけではありません。赤ワインが美味しく飲める温度は、そのワインのタイプにもよりますが、10℃~18℃くらいと言われています。重めの赤ワインであれば、ワインを飲む1時間~30分程前からワインセラーから出し、室温で少し温度を高めておくと適温に近づきます。白ワインについては、美味しく飲める温度が7℃~16℃のため、ワインセラーから出してすぐに飲んでも問題ありません。ただ、軽めのタイプのものであれば、ワインセラーから出して少し氷水で冷やすと、温度が下がってより美味しく飲めるでしょう。

まとめ

ワインセラーはワインにとって最適な環境を生み出すことができるのです。高級ワインやヴィンテージワインを手に入れたら、せっかくの風味を損なわないよう、ワインセラーを購入することも視野に入れてみませんか?

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ