ワインについて

ワイン産地・種類

ワインについて色々と記載しています。ワインの生産国1位は!?とかワインの種類にはどんな銘柄があるの!?などワイン全般について調べてみました。また、日本でも毎年のように話題になるボージョレーヌーボー解禁とはどういうことなのかなど、豆知識と情報について掲載しています。

ワインの生産地

ワインの有名な生産国は幾つもあり、日本人に馴染みのあるワインは、フランスやイタリアなどのワインが最も知名度も飲まれている方も多いのではないでしょうか。カリフォルニアにもカリフォルニアワインなどがあり、有名です。スペインやアルゼンチンでもワインは生産されています。世界で一番ワインの生産量の多い国は、イタリアです。2位はフランスで、次いでスペイン、アメリカ、アルゼンチンの順番になっています。消費量世界一はフランスで、2位がイタリア、3位がアメリカとなっています。お酒やドリンクとしての生産地は、ワインは世界でそう多いとは言えず、誰でも知っているというレベルでは、この5カ国程度ではないでしょうか。

ワインの種類

ワインの種類には、大きく分けて赤ワインと白ワインがあります。人気の銘柄を挙げるとイタリアの赤ワインでは、トスカーナ地方のキャンティ、ブルネッロディモンタルチーノ、ヴィノノビレディモンテブルチャーノ。ピエモンテ地方では、バルバレスコなどがあります。白ワインには、ガヴィやヴェルナッチャディサンジミニャーノなどがあります。フランスには、ピノグリやカペルネソーヴィニヨン、ピノノワール、シャルドネなどが有名です。ワインを飲まれない方でも耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。赤ワインは肉に合い、白ワインは魚に合うなどと良く言われています。

ボージョレー・ヌーボーとは!?

お酒やワインを飲まない方でも、毎年のようにニュースになるボージョレーヌーボー解禁という言葉はよく耳にするのではないでしょうか。ボージョレーヌーボーとは、フランス産のワインの新酒のことで、その年に収穫されたブドウで造られた新酒です。口あたりが良く渋みがなく、軽快な感じなのでワインを飲まない方でも飲みやすいワインとされています。フランスのブルゴーニュ地方ボジョレー地区で作られるワインです。ボジョレーヌーボーは、メーカーの数だけ種類があります。これほどボジョレーヌーボーを飲む国は日本が一番多いようです。日本人にとっては普段ワインを飲まないという方でもボジョレーヌーボーだけは飲むとか、知っているという人も多いのではないでしょうか。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る