ワインにおけるミディアムボディの味わい

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインには、ボディという言葉があります。ボディは、赤ワインに使われる言葉であり、白ワインでは余り使われません。ライトボディ、ミディアムボディ、フルボディといった大きくわけて3つの区分けがありますが、ワインのミディアムボディとはどんなものなのでしょうか。今回、ここではワインのミディアムボディに関してをお伝えします。

ワインのボディとは

赤ワインで表現されるボディは、いわばボリューム感といえばよいでしょう。ただし、ボディに対するは日本語は基本的にはなく、アタックの強さ、凝縮感、重厚感といった漠然とした内容でボディが決められています。

例えば、フルボディというワインがあったとしたら、ボリューム感があり濃厚、色合いもたっぷりと濃いようなワインを指します。ボルドーのメドック地方の高級ワインなど、熟成しているワインはフルボディと表現されることがほとんどです。

ボディを決定づける要因

ワインにボディを決定づける要因としては、タンニンの量といってよいでしょう。赤ワインには、果皮由来、樽由来、種子由来のフェノール類のタンニンが存在します。タンニンは、ワインを飲んだときのあの渋みを出す成分であり、タンニンが多いワインは渋く、タンニンが少ないワインがあっさりしているという表現となります。

ワインのボディを強く決定づけるのは、このタンニン量であることで知られています。仮に、カベルネソーヴィニヨンなどは非常にタンニンが豊富であり、若いままだとやや飲みにくいといわれています。

しかし、ボジョレーヌーヴォーでお馴染みのガメイ種を使ったワインの場合、タンニンが少なく、さらに醸造方法もフルーティーで軽やかに造っていることから、ライトボディとなります。重たさが全く違っており、タンニン量が多いことでボリューム感のあるワインになるので、フルボディという表現が用いられています。

ミディアムボディとは

先述したように、フルボディとライトボディは、タンニンの量の違いが大きいということです。ミディアムボディを導き出すためには、その中間のワインを探すということになります。

例をあげると、メルローやサンジョベーゼ、ドルチェット、バルベーラ、カベルネフランなどがそれに当たります。まろやかさも残しており、タンニンもしっかりとはしていますが、ギシギシと突き刺すようなものはありません。そういったブドウ品種から造られるワインは、比較的ミディアムボディのワインと称されることが多いです。

ミディアムボディの味わい

ミディアムボディのワインの味わいの場合、基本的にはフルーティーさとタンニン、酸味のバランスが取れていると考えてよいでしょう。

どことなく、チャーミングな果実の香りを持っており、過熱されたジャムっぽさを感じられると思います。さらに、タンニン量がそこそこあるために、さまざまな成分と結合してまろやかさを導き出します。

そういった造りとなっているために、ミディアムボディのワインはまろやかで飲みやすいといえるでしょう。ただし、ミディアムボディのワインも長い熟成期間を経ていくと、重厚感が増すのでフルボディへと変身することもあります。ボディは、先述したような内容の要素を持ちあわせており、気分によって選ぶ指針にもなります。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る