ワインと関係深い国、アルゼンチン

今、注目されているアルゼンチンワイン

アルゼンチンは南米チリの東側に隣接し、亜熱帯の密林、大草原、高地や低地など様々な自然が混在している国です。気候は大陸性気候により温暖でアンデス山脈から吹き下りてくる風によって冬の寒さは穏やかで乾燥しています。夏は雨が少なく湿度も低く、気候が乾燥しているので葡萄の病害虫も少ないです。また、アンデス山脈に積もる雪によって豊富な水が灌漑設備を通して葡萄畑に流れています。これらの自然環境によってアルゼンチンの葡萄生産地は朝晩の寒暖の差が大きいので質のよい葡萄を栽培することができます。今日、アルゼンチンは世界でも有数なワイン生産国として注目されています。

アルゼンチンには約2000軒以上のワイナリーがあり、近年は外国資本により大規模な最新設備が完備されたワイン工場も増加し、高級ワインの製造もおこなわれています。アルゼンチンで葡萄が栽培されている地域は、北西部地域、中央西部地域、チリ国境のアンデス山脈東にある山麓地域、南部地域の4つに分けられます。最も生産量が多い中央西部地域はアルゼンチンの葡萄栽培面積の90%以上を占め、この地域にあるメンド―ナ州はワイン生産の中心であり、有名なワイナリーが沢山あります。

アルゼンチンの赤ワインの主な葡萄の品種はマルベックやカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ピノ・ノワールなど豊富です。特にマクベックの品種はアルゼンチンワインの代表です。白ワインは濃縮されたバランスの取れた味わいが特徴で、シャルドネ、トロンテス・リオハーノやシュナン・ブランなどが主な葡萄品種です。

アルゼンチンワインは長年国内消費が中心でしたが、近年、葡萄品種の代表的存在であるマルベックを中心としたワインが世界各国に輸出されることにより、アルゼンチンのワインマーケットも拡大されています。


アルゼンチンのワインツーリズム

アルゼンチンがスペインから独立して200年記念にあたる2010年、当時のアルゼンチン大統領であるCristina Kirchnerが、「ワインはアルゼンチンの国民酒」であると宣言したように、アルゼンチンはワインと関係が深い国です。

アルゼンチンワインは品質が高く生産量も世界第5位であり、ワインを目的とした観光客が世界各地から訪れます。近年、アルゼンチンワインの世界マーケットの拡大に伴い、世界各地からこれらの”ワイン”がアルゼンチンにワイン目的の観光客を連れてきます。そのため、アルゼンチンは国をあげてこのワイン”産業”を国の観光事業として、ワインツーリズムに取り組み始めています。

例えば、アルゼンチン中西部にある国内でワイン生産が最大なメンドーサ州は、アルゼンチンワインの「観光地」としても中心的な地域です。この地域は海外からの観光客を対象としたワインやワイナリーに関連ある観光ツアーもあります。地域内にはしゃれたワインレストランやワインバーがあり、葡萄畑やワイナリーの近辺には外国人観光客向けの宿泊施設などで観光とワインの両方を楽しむことが出来るので、海外の観光客にとってはとても魅力的な地域です。国内外の大手観光会社によって有名なワイナリーでは、ワインテースティングやワインの貯蔵庫などの見学ツアー参加プログラムも数多く企画されています。さらに、世界各地からアルゼンチンのワイナリーを訪れてワインを楽しむ観光客が増加することにより、同時にワイナリーも増加することが可能になり、アルゼンチンのワイン産業発展につながっています。

アルゼンチンのワインマーケットが世界各地に広がることにより、逆にこのワインを通して世界各地からアルゼンチンに多くの観光客が訪れ、このワインツーリズムを益々発展させてくれることでしょう。日本からアルゼンチンまでは遠いですが、機会があったらこのアルゼンチンのワインツーリズムを通して、現地でワイン観光を満喫してみませんか。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る