ワインと料理の基本的な相性を考察

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインと切っても切れない関係性を持ち合わせているのは、料理です。ワインは、日本酒や焼酎、ウイスキーなどと違って食中酒として発展を遂げてきたお酒です。ワインは日常的に飲まれる手軽なお酒であり、多くの人々から愛されて続けられています。

赤ワインに合う料理

赤ワインに合う料理の基本的な部分は、赤ワインの成分と喧嘩をせず、バラバラな味わいにならないことを注意することです。赤ワインの場合、渋みと酸味が強くあります。そのため、スッキリとしたタンパクな味わいの料理とは、赤ワインが強くなり過ぎてしまうので合わせにくいといえます。また、赤ワインにはラクトン系という肉類などに含まれている香り成分があり、それらが似通っていることからも、肉料理と合わせやすいということで知られています。コショウやジビエの血の味わいなど、どこか赤ワインに通じる香りの成分が重なっているものを合わせることで、良いマリアージュが生まれます。

白ワインに合う料理

白ワインは、テルペン系というフルーティーでリンゴのような香りを持つ成分を多く含んでいます。そのため、やや香りが華やかな料理とも合わせやすいです。クリームソースは、なめらかな風合いですが、サッパリともしているので合わせやすいです。

また、カルパッチョやサラダ、焼き魚などには、レモンをはじめとした柑橘類を振りかけると一気にワインとの相性が良くなることが分かっています。

ワインに含まれている香りの成分などが、柑橘類と相性が良いために、白ワインを飲む時はそれらの相性を考慮してしっかりと行うことが大切となってきます。

どのよな料理、食材にも合わせやすい

ワイン赤ワインや白ワインとは違い、炭酸がメインで入っているようなスパークリングワインは比較的、合う合わないというようなことを考えずに飲むことができます。炭酸の酸がさまざまな食材との相性を中和してくれるために、全ての料理に通じて美味しく飲み続けることが可能となっています。また、やや甘みもあるロゼワインもおすすめです。ロゼワインは、基本的には赤ワインを造る工程で色味が薄くなってきたところで、別で発酵させる醸造方法となります。

赤ワインと白ワインの中間的な状態になることで、どちらかの料理に合う料理が、両方にバランス良く合わすことが可能となっているのです。ロゼワインは、冷やしてもとても美味しく飲むことができるので、夏場に冷製パスタと合わせるなどすると、とても良い相性を発揮することを覚えておきましょう。

それぞれの土地の料理と合わせる

日本では、まだまだワイン造りの歴史は浅いので、ワインのために造られる料理は少ないですが、海外の場合は紀元前から造られてるものであることからも、その土地の料理とワインの相性を良くするための考案が、長年にかけて培われてきています。そのため、ワインを購入したら、そのワインが造られている産地の郷土料理を楽しむことが大切です。ルールに縛られず、美味しいワインとのマリアージュを発見できることは間違いありません。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ