ワインと料理の合わせ方

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

「この料理にはこのワインが合う」というのを逐一覚えていくのは、相当な労力と時間がかかってしまいます。実際、ワインと料理の合わせるにはコツがあり、そのコツさえ押さえておけば美味しい組み合わせを簡単に実現することも可能なのです。ここでは、そんなワインと料理の合わせ方ついて詳しく解説していきます。

味わいの濃度を合わせる

まずは料理や食材の味わいの強さや余韻の長さを考慮して、バランスの取れたワインを合わせることが重要です。

軽い料理には軽快なワインを選び、味わいが強い料理には豊かなコクのある重厚なワインを選ぶ、といった具合です。

「魚には白ワイン、肉には赤ワイン」と言われることがありますが、味付けや素材によっては、一概にこのように言い切ることはできないのです。例えば、肉料理でも鶏肉などをホワイトソースでグラタン風に仕立てたような料理には、酸味が穏やかでまろやかな白ワインがよく合い、魚料理でも魚介類をトマトとたっぷりのスパイスで煮込んだような料理には、料理と同じくちょっとスパイシーな赤ワインがよく合うのです。

料理とワインの色を合わせる

料理の味は食べてみるまでわからないこともあるため、料理とワインの色を合わせてみるのも一つの手です。

白~クリーム色のソースがかかっている料理や、白身魚のカルパッチョやムニエルなどには白ワイン、赤~茶褐色のソースがかかっている料理や、豚肉のロースト、牛肉のステーキなどには赤ワインといった要領で、色で合わせていってもあまり失敗はありません。

地方料理にはその地方のワイン

同じ地方の料理とワインは、長い年月をかけて共にその土地で育まれてきたこともあり、理屈抜きに美味しい組み合わせとなります。

例えば、イタリアの中でも「食の都」として知られるエミリア・ロマーニャ州のパルマ産生ハムには、同じくパルマで造られたコッリ・ディ・パルマ・マルバジア・アマービレと相性が良いとされています。

また、産地を合わせるということは、チーズとワイン合わせるときのポイントにもなります。例えば、フランスのブルゴーニュ地方の代表的なウォッシュチーズ「エポワス」には、同じくブルゴーニュ地方のワインであるシャブリやムルソー、コート・ド・ニュイなどが合うとされています。このように、どこの地方の料理あるいはチーズかがわかれば、その地方のワインを合わせてみると、素晴らしいマリアージュ(ワインと料理の組み合わせ)が堪能できるかもしれません。

料理とワインのグレードを合わせる

料理とワインを合わせる際は、両者の品格を考慮する必要があります。

シンプルな素材で作られる簡単な家庭料理には、複雑味や深みのある高級ワインはあまり合いません。いわゆるデイリーワインで十分です。逆に、高級レストランなどでは、じっくりと丹精込めて作られた芸術的な料理が提供されるので、合わせるワインもその料理に劣らないグレードのワインを合わせるといいでしょう。そうすることで、バランスが良くなり、お互いが一層引き立つようになります。

まとめ

ここで紹介したワインと料理の組み合わせ方のコツを押さえつつ、ぜひ色々な組み合わせを試してみてください。最高に美味しいと思える組み合わせに出逢えるでしょう。

 

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ