ワインと和食の美味しい組み合わせ

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

最近では、和食屋さんでもワインを置いていたり、和食に合わせてご家庭でワインを楽しまれる方も増えてきました。そこで、和食とワインの合わせ方のポイントや、代表的な和食の料理に合うワインなどを紹介します。

ワインと和食の合わせ方のポイント

和食と言っても、その種類は様々です。そのため、ある料理には合うワインも、別の料理には合わないこともあるのです。ただ、ワインと食事の組み合わせには、「産地を合わせる」という原則があるため、国産のワインは和食に合わせやすいと言えます。繊細な和食の風味は、重くてコクのあるようなワインを合わせると打ち消されてしまうこともありますが、比較的軽やかで爽やかな国産のワインは、繊細な風味を損なうことがありません。また、刺身など海の幸を使った和食には、同じく海の近くで育まれたミネラル感のあふれる白ワインがよく合います。

刺身・寿司

和食の王道とも言える刺身や寿司。合わせるワインはすっきりとした味わいのものを選ぶと、新鮮な魚の本来の味わいを引き立ててくれます。具体的には、かつては海だったフランスのブルゴーニュ地方のシャブリのワインや、シャンパンをはじめとした辛口のスパークリングワインなどがよく合います。また、濃厚な味わいの大トロや、タレのついた穴子などには赤ワインも合うとされていますが、赤ワインの中でも軽快でフルーティーなものを選ぶといいでしょう。

肉じゃが

和食の中でも家庭料理として人気を誇る肉じゃが。みりんや醤油、だし汁などで味付けをしますが、だしの持つ繊細な風味を引き立てるには、どっしりとしたフルボディの赤ワインよりも、ライトボディの赤ワインがお勧めです。

焼き魚

焼いたサンマにスダチをかけて食べたり、焼き魚に添えた大根おろしにポン酢をかけて魚と一緒に食べたら美味しいように、焼き魚と柑橘類の相性は非常に良いのです。

そこで、ワインを合わせる際も、柑橘系の香りのするワインを合わせると失敗を防ぐことができます。代表的なものとしては、冷涼な地域のシャルドネ種や日本の甲州種、フランスのソーヴィニヨン・ブラン種のワインなどが挙げられます。

すき焼き

牛肉や野菜類などを甘辛いタレで煮込むすき焼きには、丸みがあり、ふくよかな果実味の感じられる赤ワインがよく合います。

具体的には、果実の凝縮感と柔らかみが感じられるアルゼンチンのマルベック種や、たっぷりとした果実感と丸みのあるフランスのボルドー地方のメルロ種などのワインがお勧めです。

天ぷら

サクサクとした衣の食感が楽しめる天ぷらは、スパークリングワインとの相性が抜群だと言われています。特に泡立ちのきめ細やかなシャンパーニュとは、最高のハーモニーを味わうことができます。

ただし、天ぷらはタレにつけてしまうとサクサクした食感がなくなってしまうので、ワインに合わせるときは塩で食べると良いでしょう。

鯖の味噌煮

脂ののった鯖を、コクや旨味が豊富にある味噌で煮込んだ鯖の味噌煮には、軽すぎず重すぎない、イタリアのサンジョベーゼ種の赤ワインなどがよく合います。

まとめ

このように、ワインと和食の組み合わせは無数に存在します。ぜひ基本のポイントを押さえつつ、色々な組み合わせを楽しんでください。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ