ワインとフルーツを使用したアレンジワイン

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインは、1本数万円、数百万以上する高級ワインばかりではありません。普段使いしやすい数百円のワインなども多くあり、投資目的ではないものに関しては、毎日飲むことができるとてもカジュアルなお酒です。

ワイン自体は、そのままで飲むこともできますが、さまざまなアレンジを加えて楽しむことも可能です。炭酸で割ってみたり、フルーツジュースで割ってみたり、さまざまなアレンジで楽しめるお酒です。

ワインにフルーツは合う

ワインの原料はブドウです。他のフルーツとは少し違った性質を持っていることからも、ワインに最も適したフルーツであるために、長い歴史をかけてブドウ栽培が多くの場所で行われています。ブドウは生食用でもあるために、フルーツとして食卓に上ることもよくあります。そのため、他のフルーツと一緒に食されることも多く、ワイン自体にもフルーツが合うのです。

ワインには、強い殺菌作用があるといわれており、フルーツを漬込むことである程度の期間は飲み続けることが可能となります。桃やリンゴ、パイナップル、オレンジなどのフルーツはワインとの相性が良く、美味しく飲めます。

ワインをフルーツジュースで飲む

ワインを飲みきれなかったとか、とても安いワインだからアレンジを利かせたいなど、さまざまな飲み方が楽しめます。ワインは、フルーツジュースを合わせても美味しく飲むことが可能です。

オレンジジュースやリンゴジュース、敢えてグレープジュースを使って飲んでも良いでしょう。また、フルーツジュースを加えたワインに関しては、氷や炭酸を混ぜ入れて飲んでも美味しく楽しむことが可能です。果汁100%のフルーツジュースを使用すると、味わいも濃厚になるのでワインの美味しさがより際立つことでしょう。

サングリアがおすすめ

ワインとフルーツを合わせるのであれば、サングリアがおすすめです。スペインで愛されているワインのアレンジ方法ですが、ワインを大きな瓶などに入れて、そこにフルーツを沢山入れてフレッシュでフルーティーな味わいに仕上げる飲み物です。夏場は、冷やしたサングリアを飲んでも良いですが、シナモンを入れて冬場はホットワインとして飲まれても良いでしょう。サングリアに使われるフルーツに決まりはありませんが、あまり酸味が強く出過ぎてしまうフルーツではなく、甘みが感じられるフルーツを使用するとより美味しくいただけます。

サングリアの簡単なレシピ

サングリアは、非常に簡単に造ることができます。赤ワイン、白ワインを1本か2本分、大きな瓶の中へ注ぎます。そこに、はちみつやシロップなどの甘みを出す液体を加えます。甘さを必要としない、フレッシュな味わいを求める場合は入れなくても良いです。。リンゴや桃、オレンジ、グレープフルーツをざく切りにしたものを詰め込みます。サングリアの場合、フルーツをたっぷりと使った方が美味しくなります。

また、白ワインであれば、軽くコアントローなどのリキュール類を混ぜ入れても良いでしょう。アルコール度数が低くなるために、大人っぽい味わいを求める場合はリキュールを添加すると美味しくなります。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ