ワインとチーズの相性が良い理由と種類

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインを楽しまれている方のなかには、特にワインとチーズの相性を楽しまれている方もいるかと思います。チーズも熟成させた食材であり、熟成を経て美味しくなるワインとの相性は間違いなく良いといえるでしょう。今回、ここではワインとチーズの相性などについてを紹介します。

ワインとチーズが合う理由

まず、冒頭でもお伝えしましたが、ワインがチーズと相性が良い理由のひとつには、同じ熟成を経ているからというポイントがあります。特に、熟成を経た重たいワインとコクのある熟成チーズの相性はぴったりです。

また、チーズにはタンパク質や酵素、乳酸機などのさまざまな成分が微生物の働きによって香りを発生させます。

その香りが、花の香りやフルーティーな香り、樽の香り、乳酸の香りなどワインと同様の香りを発します。香りに共通点があることが、ワインと料理のマリアージュには大切な部分ですので、ワインとチーズは良い相性ということになるのです。

チーズの臭さをマスキングしてくれる

ワインには、さまざまな成分が含まれており、合わせた食材の個性とさまざまな反応を起こします。たとえば、エステル類という柑橘系にも似た香りであったり、アルコールであるエタノールは臭さをマスキングする力を持ち合わせています。

魚などを食べる時にレモンを絞ると香りが抑えられるのは、こういった成分によるものですが、ワインもそれを持っているのです。チーズには、人がやや深いと感じてしまうダイアセチルという香りがあります。

これを、なんとワインの持つ成分でマスキングすることができるのです。つまり、チーズとワインを合わせた時には、チーズの嫌な香りを消してよい香りだけを残し、さらにはワインの美味しさも楽しむことができるということになるのです。

チーズの種類と合わせるワイン

チーズは世界中にさまざまな種類がありますが、大別すると数種類に分けることが可能です。例えば、よくトマトとバジルと供されるモッツァレラチーズなどは、フレッシュチーズの分類に区分けされます。

クセがなく、フレッシュな味わいですので、比較的酸度の高い白ワインやロゼワインに合わせた方が良いマリアージュを発揮するでしょう。逆に、ある程度カビを生やして発酵させるような白カビタイプや青カビチーズの場合、香りがある程度強いこともあり、ミディアムボディの赤ワインを合わせると良いでしょう。

比較的、香りが強いシラーやカベルネソーヴィニヨン、カベルネフランなども良いかもしれません。

ハードタイプのチーズ

そして、比較的日本人が馴染みを持っているのが、ハードタイプのチーズです。水分量を30%以下にまで減らしたチーズであり、外側も内側もとても硬いのが特徴です。イタリアのパルミジャーノレッジャーノのようなチーズは、今や手軽に国内でも手に入るので、ワインのおつまみとしては最適です。

色合いが白く、フレッシュなイメージですので、実は濃厚な赤ワインよりはミディアムボディのワインが合います。イタリアのサンジョベーゼなどは、タンニンがやや少なく、酸味が際立っているので合いやすいワインです。

また、ロンバルディア州のバルベラなどは、果実味がありながらも、まろやかなミディアムボディなので合いやすいでしょう。ワインとチーズを合わせる時に、種類やタイプも大切ですが、チーズが生まれた土地のワインと合わせるのも良いでしょう。長年の歴史を持つヨーロッパの組み合わせであれば、まず間違いはないでしょう。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ