ワインとはどういうお酒なのか

ワイン

お酒は、お仕事終わりや、自宅でリラックスしながら飲む機会が多いはずです。

お酒と言っても様々な種類のお酒が存在します。

ビールや日本酒、ワイン、ウィスキー等、人により好みが分かれます。

その中でもワインは、愛好家が多いです。

飲むだけでなく、香りや風味など様々な楽しみ方があります。

ワインとは、ぶどうの果汁を発酵させてつくられる醸造酒のことであり、

フランス語で「Vin(バン)」、英語で「Wine(ワイン)」、

ドイツ語で「Wein(バイン)」、イタリア語で「Vino(ビノ)」と言います。

1. ワインを製造毎に分類すると

ワインは、「非発泡ワイン(Still Wine)」、「発泡性ワイン(Sparkling Wine)」、

「酒精強化ワイン(Fortified Wine)」の3つに分類されます。

「非発泡ワイン(Still Wine)」は、生ぶどう酒とされる本格的なワインです。

質の良いぶどうを加工し、その果汁を発酵させたものです。

アルコール度数は、10〜12度程度になります。

「発泡性ワイン(Sparkling Wine)」は、泡を含んでいるワインです。

主な代表例は、シャンパンです。アルコール度数は、10〜12度程度です。

「酒精強化ワイン(Fortified Wine)」は、果汁が発酵する過程で、ブランディなどを加えアルコール度数を上げたワインのことです。

ワインの中に自然の糖分が残されるので、甘いお酒になります。

2. ワインの歴史

ワインの発祥地は中近東、小アジアとされており、そこからギリシャやローマに伝わりました。

キリストがワインを「わが血」として赤ワインを与えたことから、

キリスト教の普及と共に伝わりました。

フランスでは、ボルドーを含むフランス西半分のぶどう産地が

イギリス王室の所有になったことからイギリスが最大のワイン市場になりました。

ドイツでは、ぶどうが栽培されるようになったのは遅く、

修道士たちがヨハネスブルクにぶどう園を開きました。

イギリスでは、国民がワインを好んで飲んでいたためフランスから多く輸入していました。

このようなイギリスの輸入が、ヨーロッパのワイン作りや経済に大きな影響を与えました。

3. ワインの産地

ぶどうは、気温が10℃〜20℃の広い地域で栽培されています。

その中でもフランスは、最大の醸造ワインの産地として有名です。

フランスのボルドー地方、ブルゴーニュ地方のワイン、

シャンパーニュ地方のシャンパンが有名です。

いかがでしたか?このようにワインの知識を学ぶことで、

いつもと一味も二味も違う、美味しいお酒を楽しめるのではないでしょうか。

是非ワインを飲んでみてください。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る