ワインで使われるフルボディとは?ボディ感を知ってワイン選び!

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインに代表される表現の中で、ボディ感があります。ワインを飲み慣れている方々であれば、ボディ感といわれても分かると思いますが、初心者の方にはまだ実際には良く分からないかもしれません。

さて、そんなボディ感なのですが、一体どんなものがあり、何をさしているのか正しく理解しておくことが必要です。

今回、ここではワインにおけるボディ感についてを紹介します。ぜひ、参考にしてワイン選びの役に立ててみてはいかがでしょうか。

ボディは3つ種類がある!?

まず、ボディなのですが、本当に細分化すればいくつかあるでしょうが、普通は3つに大別されます。「ライトボディ」「ミディアムボディ」「フルボディ」と、いったところです。

その名の通り、ライトは軽め、ミディアムは中ぐらいのパンチ、フルボディは重たいという意味ですが、もう少し踏み込んでチェックしていきましょう。

ライトボディ

ライトボディというのは、比較的軽めの赤ワインや白ワインに使われることが多い表現です。味わいの豊かさとか、重厚感、アルコール度数などもこのボディには関係してきます。こういった指針から導き出されるライトボディの味わいとしては、アルコール度数は低め、透明感のある若い年代のワイン、軽くさらっとしたフレッシュな飲み心地。こういった感覚で結構です。赤ワインの場合ですが、軽めというとあの「ボジョレーヌーヴォー」などの、はや飲みワインが想像できます。タンニンを抑え、軽く飲みやすい赤ワインとなります。

ミディアムボディ

さて次にミディアムボディですが、このワインが恐らく多く出回っているワインだと思います。レンジがかなり広いので、絶対値を出せないのですが、分かりやすくいうと「メルロ種」「ピノノワール種」が、これらに該当しやすいです。メルロは比較的まろやかな味わいで、タンニンもしっかりしていますが、そこまでキシキシ感はありません。色合いも、真っ黒というよりは淡さを残すベリーといったところです。ミディアムボディの重たい方はメルロと考えても良いでしょう。一方、ピノノワールは淡くエレガントな色合いを放ちます。タンニンは抑えめで酸がしっかりとしている品種です。ただし、ガメイとは違い、高品質なピノノワールはタンニンもあり、ボトムがしっかりしています。こうなると、ミディアムボディの仲間入りをさせても遜色は無いのではないでしょうか。

フルボディ

白ワインでは、まず使われない単語ですが、赤ワインであればあのカベルネソーヴィニヨン、ネッビオーロ辺りがこれに当てはまります。

深く、濃いガーネット色に濃厚な果実味、アルコール度数もあり、粘度も高いワインです。ボルドーの格付シャトーなどは、重厚感を重んじますので、およそフルボディです。

料理と合わせるのも良いですが、一本で十分に満足できるパワーを持っている、そんなワインをフルボディと思ってください。

ボディは裏面表記されている!?

国内で販売されているワインの多くは、ボディ感を裏面のラベルに記載しています。そうでないワインであっても、大抵色合いや使われているブドウ品種で判別がつくものです。

ぜひ、その日の気分をボディ感に絞ってワインを探してみてください。違った視点で、面白いワインに出会うことができるかもしれませんよ。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ