ワインでいわれるフルボディの意味

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインショップに出向いたときに、裏に記載されているラベルと見ると「フルボディ」「ミディアムボディ」「ライトボディ」といったような表記を見ることがあります。

ワインにはさまざまな味わいのスタイルがありますが、そのなかでもボディという言葉が使われることは多いでしょう。さて、そんなワインのボディですが理解できているでしょうか。今回、ここではワインのフルボディについてを解説します。

フルボディは赤ワインだけ

冒頭でお伝えしたような、ワインのボディは赤ワインだけにいわれていることです。ボディに対応する日本語はなかなか無いのですが、ボリューム感や骨格の強さ、飲み口の程度と考えると良いでしょう。

そして、そのボディを決定づけているのが赤ワインに含まれているタンニンです。縮合型タンニンが特にボディに寄与しているのですが、白ワインの場合は種と果皮を取り除いて発酵させるため、比較的フレッシュ&フルーティーに製造されます。

基本、ライトボディとなるので甘口や辛口という方向性で区分けされていると思ってよいでしょう。一方、赤ワインの場合はタンニンの量でかなり味わいのボリュームが変化します。そのため、ボディという言葉に置き換えてその程度が区分けされているのです。

フルボディとは何か

赤ワインのフルボディを考えたとき、タンニンとアントシアニンの量、まろやかさのボリュームが必要となります。例えば、タンニン量が多い品種の場合はフルボディのワインを造りやすいといえます。カベルネソーヴィニヨン、ネッビオーロ、タナ、シラーなどはタンニンが多く、尚かつアントシアニンの量も多いため色味もとても濃い紫色となります。

若いヴィンテージではなく、熟成を経ていくことでワインの液体中にある成分や荒々しいタンニンがまろやかとなり、全体的にボリューム感が増してきます。飲んだ後にも余韻が長く続きますし、どっしりとした感じの味わいになることが想像できます。

こういったワインの場合、比較的フルボディという表現がなされるわけです。ちなみに、メルローやサンジョベーゼ、ピノノワールなどの場合も、造り方によってはフルボディとなりますが、通常の造りであった場合はややまろやかでバランスの取れた味わいとなるために、ミディアムボディとして評されることが殆どです。

ライトボディは美味しいのか

フルボディに比べると、ライトボディがカジュルな印象を受けますが、そういったことではありません。ただし、ライトボディの場合はタンニン量が少ないがガメイやヴィンテージの若いマスカットベーリーA、早飲みタイプの品種が使われます。

そのため、熟成用に造られているわけではないので、比較的タンニンが穏やか、かつフルーティーといった、飲みやすさが重視された味わいに仕上げられています。

安い場合はフルボディが売っていないということではなく、あくまでそのワインのスタイルによってボディ感が違ってくるということを覚えておきましょう。

ちなみに、ライトボディの赤ワインの場合は、氷を入れたり冷やしたりしても美味しく飲むことが可能です。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ