ワインその歴史と生産国

ワインの生産

ここでは、ワインの歴史についてと、ワインのおもな生産国についてお話していきます。

いったいワインはいつごろ造られ始めたのか、またワインの生産国はどんなところなのか、紹介していきます。

・ワインの最も古い歴史

今では、ワイン文化は日本にも伝わり、レストランや家庭でも広く飲まれています。

そんなワインですが、いったいいつごろから造られ、飲まれているのか気になるところです。

最も古く、ワイン造りの証明になるものとしてメソポタミアの先住民シュメール人が残した、約6000年前ロールシールが発見されました。

ロールシールとは、ワインの入った壺などの口をふさぐ粘土のようなもので、またそれに刻印するための大理石から作られた棒も見つかりました。

また、ほぼ同時期の紀元前4000~5000年ごろ、その時のことを記したギルガメッシュ叙事詩には、ワインについての記述がありました。

そのことから、ワインはこの時期には造られ、飲まれていたことになります。

・ワイン歴史の広がり

紀元前3100~1500年ごろにはエジプト王朝が栄え発展し、その中でもワインという存在は大きいものでした。

その証拠として、ピラミッドの中にある壁画から、ブドウを栽培している絵やワインの醸造する様子が描かれており、またハンムラビ法典にもワインの取引について記録されています。

ほぼ同時期の紀元前1500年ごろからワインは一般化し、クレタ島やエーゲ海を渡りギリシャやローマにまで広がっていったのです。

・更なるワイン文化の拡大

さらに紀元前600年ごろになると、フェニキア人により南フランスのマルセイユにも伝わり、栽培などが行われるようになり、

またこのころ勢力を格段に強めていったローマにより、ヨーロッパ全土へワイン文化が広まっていきました。

以上のように、主な原産国であるヨーロッパ周辺では、紀元前から数千年と続くワインの歴史がある一方、日本はワインの歴史は明治時代からの始まりで、

まだ数百年の歴史しかありません。これだけの違いは大きいですね。

このように、ワインの歴史と一つにいっても、外国と日本とのワインに関する歴史は、これほどまでに多くの差があります。

日本医に欧米文化が入ってきたのは近年ですから仕方ないですね。

また、ワインは薬といわれるほどいいとされ、昔から好まれてきました。

そうであるからこそ、昔から何千年という時をかけても、風化することなくここまできたのでしょう。

このような歴史をそった今、さらにワインがおいしくなるのではないでしょうか。

これからのワインは、格別においしくなると思います。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る