ワインが更に美味しくなるグラス選びのコツ

ヴィンテージワイン

ワインはグラスによって味わいが変わります。

ワインにはたくさんの種類がありますが、グラスの選び方次第で味わいが大きく変わります。

ワイングラスには飲み口のガラスの厚みやカップ部分の形まで、無限に存在します。ちょっと高級なブランド物から、手ごろな値段で手に入るいいものまで、いろいろなグラスから自分のお気に入りのワイン&グラスを見つければ、更に楽しくなること間違いなし!

産地や品種、シーンに併せるなどしてグラスを選ぶことで、素敵に美味しくワインを楽しみましょう!

 

 

ワイングラスの種類

ワイングラスには、大きく分けて5つの種類があります。

基本的には、甘味の強いものは酸味を、酸味の強いものは甘みを際立たせるようグラスを選びます。

 

①ボルドーグラス

舌の酸味を感じる部分でワインを味わうグラスです。甘みが強い赤ワイン、カルベネやソーヴィニョンを飲むときに酸味を引き立たせて美味しくしてくれます。

酸味のあるワインだと、余計な酸味を際立たせてしまうこともあります。

35d274b2b889bda521e044af63b3c73b_s

 

②ブリュゴーニュグラス

人間は舌の先端で甘みを感じると言われています。

ブリュゴーニュグラスは舌先にワインが流れるような形状になっているので、酸味の強いワインにおすすめです。横に膨らんだ形が特徴的なワイングラスです。甘みを引きたて、空気に触れる面積が大きいので香りがより引き立ちます。

4da7579d1b4e65125b7d23d3f6601b80_s

 

③モンラッシュグラス

白ワインにおすすめのグラス。

こちらも酸味を感じさせるため、シャルドネなどの酸味が少なくコクのあるワインを飲む際に使用します。カップ部分が短く、丸みを帯びているのが特徴です。

c88fb8c735daf6444d5d6f33a8140034_s

 

④キャンティグラス

よく見る形のワイングラスです。チューリップの花のような形が特徴です。酸味の強い白ワインにオススメです。ワインの甘味を感じさせるように口の中を流れるように作られています。

7eda604a66d9a86c6a8d1026b9f73a3d_s

 

⑤シャンパングラス

こちらも甘味を感じさせ、酸味を抑える作りになっています。

シャンパンは酸味が強いものが多いので、酸味をあまり感じさせないようなグラスで飲むことが多いです。また、シャンパンに場合は泡の立ち方も大事です。味だけではなく、見た目でも楽しむためのグラスです。底から立ちのぼるように上に向けて泡が立ちます。

グラスによって泡の立ち方も様々なので面白いですよ!

4548c516f6836a4468dd7fea915dd194_s

 

シーンに合わせたワイングラスを選ぶことで、更に楽しめますね。

 

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る