ワインが抱える永遠の課題!?酸化防止剤は必要なのか!?

酸化防止剤は悪なのか?

近年、オーガニックワインが人気です。ブドウ畑に農薬散布などを行わず、自然の状態でぶどうを栽培することはとても良いことです。 何には少し宗教的だと批判される製法もあるようですが、出来たワインが美味しいのですから文句が言えません。有名ワイナリーなども徐々にこういった流れが浸透してきているため、より美味しいワインが飲めるようになるでしょう。 さて、ぶどう栽培の時点でオーガニックとか否かというのは根本的なところですが、やはり答え自体がいつまで経っても出ないのが酸化防止剤に関しての意見です。 酸化防止剤は多くのワインに含まれていますが、やはり名前だけを聞くと健康に悪影響を強く与えるイメージがあります。この酸化防止剤、一体どのような働きがあり、本当に人体に悪影響を与えるのでしょうか。ここでは、酸化防止剤について考えていきます。

ワイン造りの最終ポイントで添加される

ワインの造られ方といえば、ぶどうを潰して発酵させ、さらには熟成を経て瓶詰めという流れです。当然、その間の工程を細かく見ていけばさまざまな手法が取られていますが、瓶詰めの最後に行われるのが酸化防止剤の添加です。 清澄と濾過を行い、さまざまな不純物を取り除いた後、酸化防止剤が投入されます。文字だけを見ていると、ここで何故いれてしまうのか不思議という方も多いはずです。何故、ここまで手塩にかけてきたワインに最後こんなことをしてしまうのでしょうか。

さまざまな障害を防ぐ目的

酸化防止剤とは二酸化硫黄のことです。これがワインに溶けると、亜硫酸となるようです。亜硫酸とはよくワインラベルの裏に記載されていますよね。 聞けば聞くほどに危険な印象を持ちますが、この亜硫酸が入ることにより酸化防止になったり、再発酵などの障害を防ぐことができるのです。ワインというお酒はとてもデリケートで弱いお酒です。そのため、こういった亜硫酸を添加しないと直ぐにダメになってしまうわけです。

大手でもいれる理由

銘醸地のワイナリーの多くはこういった酸化防止剤を必ずといってよいほどに添加しています。無添加というものも発売されていますが、ワイン専門家たちからは懐疑的な意見がよく聞かれます。 もし、ワインを大量に造ったのに、全て出荷する頃にはダメになったら大問題です。さらに、有名ワインは世界中を旅します。いつ、どんな環境に晒されるか分かりません。消費者の手に渡り劣化していたワインだったとしたら、ワイナリーの信用問題にも関わります。 味わいの変化に関しても感覚だけの問題と言われており、何でも無添加であれば良いというものではないようです。難しい問題ですが、これからもこの議論が終ることはないでしょう。引き続き、注視していく事案でもあるのです。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ