ロゼのシャンパンが重宝される理由を知っておこう!

シャンパン

ロゼのシャンパンって?

ワイン好きの方は、普段はスティルワインをお飲みになっていると思いますが、やはりレストランやホームパーティーの時など、シャンパンを飲まれる方が多いと思います。

シャンパンの本場である、フランスのシャンパーニュ地方のスパークリングワインが主にシャンパンのことです。

それ以外にも世界中至るところでスパークリングワインは造られており、日本でも今、世界各国のそれぞれの個性を楽しめるくらいに、シャンパン市場が拡大しています。さて、そんなシャンパンですが、まだまだお目にかかるのが少ないのがロゼのシャンパンです。

本場フランスでは、白以外にもロゼのシャンパンは多く出回っていますが、白ワインに比べて高価な位置づけとなっています。一体、これは何故なのでしょうか。ここでは、ロゼのスパークリングワインについてを紹介します。ぜひ、参考になさってみてください。

ロゼシャンパンが高いわけ

シャンパンを購入して、みんなで楽しもうと思ってワイン売場に行くと、目につくのが一般的な白のシャンパン。極稀にロゼのシャンパンも置いてあるのですが、やや高めですし、不慣れなのかあまりロゼを頻繁に購入しているという方は少ないようです。

価格が白のシャンパンと変わらなければ、気軽に飲まれるでしょうが、何故こう価格差があるのでしょうか。

実は、シャンパンのロゼが高額になる理由はハッキリと分かっています。では、その秘密をじっくりとお話していきましょう。

色づけが難しい

白ワインの製造工程を見ると、種や皮は外し、果実を絞りワインが造られます。それに引き換え、赤ワインは皮と種をしっかりと絞りだすめ、独特の渋みとあの赤みが楽しめます。

ロゼのシャンパンは、黒ぶどうを使い、途中まで赤ワインと同様にマセラシオンを行い、色が淡い状態で引き上げてしまう方法です。

白ワインに赤ワインを混ぜる、ということもシャンパーニュでは認められており、その絶妙な色合いを出すのが難しいことも、高額となる理由のひとつです。

希少性が非常高い

希少性というのは、需要と供給に大変関係する事柄です。ロゼのシャンパンは、前述したように作り方は少し面倒であるために、大量生産しにくいという側面があります。

結果、需要が少ないから造らないのではなく、そもそも大量生産に向かないので希少性が高くなるのです。

シャンパーニュ全体の数量からも見て、ロゼのシャンパンは僅か一割程度。こういった背景があるために、結果的に価格が上がっていると取ることができるのです。

ロマンスのお酒である

希少価値が高いながらも、あまりにマニアックだと売れません。宣伝がしっかりとできないのに、貴重なだけで非常に高額というのでは市場で売れませんよね。

ロゼシャンパンは、色からも分かるように、ロマンスのお酒というようなイメージで売り出されています。金に糸目を付けない、最高級のシャンパン、というようなイメージが成功し、富裕層や会社の接待などで提供されることとなるのです。

ロゼのシャンパンで接待された側も、気分が良いですし、売り手も書い手もウィンウィンの関係性が成り立つというわけです。

ロゼシャンパンを飲もう!

ここに挙げた以外、ロゼシャンパンに人気が集まる理由はさまざまあります。ただ、色々考えずに一度飲んでみてその美味しさを楽しむことが、何よりも大切です。

赤ワインと白ワインの中間である、ある意味、非常に奇跡的なワインであるロゼ。泡と一緒に華やかな時間を、ロゼシャンパンと過ごしてみてはいかがでしょうか。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る