レストランでワインをより一層楽しむテクニックを紹介します!

%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%81%a6%e3%82%99%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%92%e3%82%88%e3%82%8a%e4%b8%80%e5%b1%a4%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%82%80%e3%83%86%e3%82%af%e3%83%8b%e3%83%83

レストランでも楽しめるワイン術!?

レストランでワインを楽しむ。やはり、ワイン好きとしたらこの瞬間が楽しいですよね。ワイン自体、さまざまな種類があり複雑極まりないのですが、レストランに行くとその道のプロがいるので色々と自分では知り得ないワインを知ることができます。 さて、レストランでワインに馴れている、という方も多いですが、ちょっとしたテクニックを知っているとより一層レストランでワインを楽しく飲むことができます。 ここでは、レストランでワインを楽しむ時のちょっとしたテクニックのついてを紹介します。ぜひ、覚えておいて楽しみましょう。

分からなければ赤ワイン!

レストランに行った時、とにかく楽しく会話をしたいという相手と行ったとしましょう。相手は、あまりワインに詳しく無く、ウンチクを語るのもはばかられます。そんな時に、ワインをあれこれこちらが楽しいように頼むと相手もうんざりする可能性があります。 そこで、あまりワインの話はできないけれど美味しいワインを食事を通して飲みたい。こんな時は、赤ワインがおすすめです。日本人は白ワインは軽く飲みやすく、料理に何でも合うと思いがちです。 しかし、料理との万能性を考えた場合は赤ワインがOKです。重過ぎない、ライトでエレガントな赤ワインは白ワインと合わせたい料理でも、ヘビーな料理でも合います。これは覚えておいて損は無いでしょう。

指で差すのがセオリー

レストランにいった時、ワインリストを見ながらいくら、いくらというような頼み方をするのはちょっとナンセンス。 それが安価であっても、高額であっても、他のお客さんや同行者に良いイメージというのは与えにくくなります。 そのため、ソムリエに指を指しながら、この辺りでおすすめのワイン、できればスッキリとした酸味の良い白でというように伝えます。ソムリエは敵では無く、味方です。その辺りを考えてチョイスすると良いでしょう。

気に入ったラベルは持ち帰りOK!

ワイン好きであれば、美味しいワインを知った時に自分でまた飲みたいと思うのが普通です。そんな時に、とても肝心なのがラベルです。 しかし、レストランで飲んだ美味しいワインのラベルを覚えておくのも大変ですし、写メールも何か自分の品格を落とすような気がする。そんな時、おすすめがラベルをいただけないか聞くことです。 それようのカッターで取ってくれる店舗もあれば、空なのでワインボトルをくれる場所もあります。 その辺りは、しっかりとソムリエや店側と相談すれば気兼ねなくもらえるので相談してみましょう。ワインは、格好つけて楽しむものではなく、日常的に楽しみながら飲むもの。レストランであっても、それは一緒です。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る