ポリフェノールを多く含んだ注目のワイン!シラー

葡萄

シラーも、赤ワインの中では欠かせない品種と言えます。

フランス産だと、クールですっきりとした味わい、オーストラリア産だと酸味を少し強く、元気なイメージの味わいになるため、違いを楽しめるでしょう。

オーストラリア産では、赤ワインでは珍しいスパークリングワインも造っています。

シラーの特徴

シラーは、フランス・ローヌ河中流域を原産地とする黒ブドウ品種です。

シラーは、100%のもの、ブレンドしたもの両方で生産されています。

様々な気候に対応できるため、様々な場所で栽培され、現在では栽培面積上位に入る人気の品種になっています。

この品種は、1998年にカリフォルニアのデイヴィス校と南フランス、モンペリエの研究者たちによってDAN解析され、ルーツが明らかになりました。

南フランス原産のモンデューズ・ブランシュ、テュレザ・ノワールという種類の掛け合わせということが判明しています。

完璧な発表とまではいかないものの、ピノ・ノワールのDAN細胞もあるのでは、という説も上がっています。

また、このシラーにはポリフェノールの一種、アントシアニンが多く含まれているワインになります。

日差しに強く、果皮に蓄えていき、それが色素やタンニンへと変わっていきます。

美容や健康志向が高まり、ポリフェノールという言葉も浸透してきました。

その中で、アントシアニンは強い抗酸化作用を持つため、今後も人気の高まるワインとなるでしょう。

シラーは、時々シラーズという名で呼ばれることもあります。

よく、別物なのかと混乱する人がいますが、基本的に同一品種です。

シラーズとは、主にオーストラリアで使われています。

シラーズという言葉は、オーストラリアのブドウ栽培の父、ジェームズ・バズビーが用いたころによってニュー・サウス・ウェルズ州に広まり、そこからそのまま使われているようです。

シラーとシラーズは、ほとんど同じものではありますが、オーストラリアの高い日光があるため、高アルコールでタンニンを多く含んだワインが多くなります。

同一品種でありながら、名前が分かれている理由もここにあります。

気候の違いによって味を楽しめるのも、このワインの楽しみです。

香り・味わい

黒胡椒などのスパイシーな風味と、まろやかなタンニンの苦み、ベリー系の上品な酸味がバランスよく口に広がり、鼻に抜けていくでしょう。

スパイシーで程よい酸味を感じる香りは、暖かい気候でも楽しめるワインです。

ワインの見た目

日差しに強いため、果皮に溜め込んだポリフェノール(アントシアニン)によって、ルビー色のような深い赤みを帯び、中心はほとんど黒に近くなります。

ワインによっては、濃厚な黒に近い紫色の場合もありますが、基本的には宝石のような赤色のものが多くなります。

その他

◇相性のいい料理

・肉料理

・チーズ

・海鮮料理

◇主な産地

・フランス(ローヌ地方)

・オーストラリア

・イタリア

・アメリカ(カリフォルニア地方)

◇飲む温度

16~18度

◇英語表記

Syrah

Scyras(シラーズ)

まとめ

ワインの中に、プティ・シラーという品種のものもあります。

シラーとついているため、間違えてしまう人がいますが、南北アメリカ大陸で多く見れるブドウで、全くの別物です。

グロ・シラーというものもありますが、これも全く別のものです。

グロ・シラーは、モンデュースというものと同一品種になります。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る