ブルゴーニュワインの帝王であり続けるルイジャド

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

フランスには、高級ワインの産地と呼ばれるワイン銘醸地があります。ボルドーやシャンパーニュ、そしてブルゴーニュです。そのなかでも、生産数が極めて少なく、価格が1本数百万円となるようなワインを生産する、本当の高級ワイン産地がブルゴーニュ地方です。

ドメーヌと呼ばれる小規模生産者が多く存在するブルゴーニュ地方は、あのロマネコンティを生み出す産地でもあります。今回、そんなブルゴーニュのワインを知る上で外すことができない、ルイジャドについてを紹介します。

ルイジャドの歴史とは

ルイ・アンリ・ドゥニ・ジャドは、1859年に設立されたワイナリーです。シュヴァリエ・モンラッシェ・レ・ドゥモワゼル、ボーヌ・ヴィーニュ・フランシュなど、ブルゴーニュ地方でも最高のブドウを生み出す銘醸地をいくつも所有する、同地方最大ともいえるような著名なドメーヌとして知られています。

ルイジャドのワイン造り

ブルゴーニュ地方のワイン造りのポイントは、テロワールを意識した繊細なワインを造ることです。ブルゴーニュ地方のコートドドールは、赤はピノノワール、白はシャルドネ以外でワインを生産することができません。

もちろん多品種を使用すること自体は法律違反ではありませんが、大切なその土地の名を名乗れなくなるため、どんなに規定が厳しくても、ブルゴーニュの生産者たちはその名を守るべくワイン造りを続けています。

ルイジャドも右に同じで、所有する畑のテロワールを活かした、繊細なブドウ栽培とワイン造りを行っています。

また、ルイジャドのブドウ造りのポイントとしては、ビオロジックが徹底しているところです。有機栽培へ転換させたのは、20数年前であり生産量を増やして経済的に安定させたいという周囲の生産者たちと、真逆の栽培方法を取り入れています。

ボーヌの一部の畑にいたっては、天体の動きを基軸にしたビオディナミの栽培法が用いられており、徹底してテローワルを意識した、自然なブドウ造りをかたくなに守り続けているのです。

最高峰であり続ける理由

健全なブドウを造り、醸造方法も至って最新技術を詰め込まずに昔通りに行うルイジャドですが、なぜ、最高峰の地位を守り続けられているのでしょうか。そのヒミツは、自社畑にありました。

自社畑とは、ドメーヌ自らが所有している畑のことであり、買いブドウではなく、全て自らが造るワインのために栽培されているブドウです。

こだわるだけこだわれますが、仮に自分たちで造ったブドウが不健全で収穫量が落ちてしまえば、それだけワインが生産できずリスクがあります。その自社畑を使ったブドウを使うことができているのが、またルイジャドの凄いところです。

さらに、ブルゴーニュにおけるプルミエクリュ、グランクリュの畑をメインに所有していることから、品質は間違いありません。もちろん、美味しくて当たり前と世界中から思われている場所であるが故の強いプレッシャーもあるでしょう。

しかし、「ドメーヌ・デ・エリティエ・ルイ・ジャド」をはじめ、毎年生産されるルイジャド社のワインは、その期待を良い意味で裏切る、最高の味わいのものばかりです。ワイン好きであれば、ルイジャドを飲まずにはいられません。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ