ブドウの品種を理解し好みのワインを簡単に選べる方法

ワイン

ぶどうによって味が違う!?

ワインには赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、スパークリングワイン、フォーティファイドワインなど、さまざまな種類が存在します。

とはいえ、ワインは基本的に黒ぶどうと白ぶどうから作られる果実酒であり、それらの味を決定づけるのは「ぶどう」の味です。フランスやイタリア、チリ、南米などワイン産地によって味わいは変わってきますが、使用されてるぶどうの基本の味を覚えることで、飲まずともワインの個性が分かるようになります。

ここでは、ワインに使用される黒ぶどうと白ぶどうの個性を、品種別に紹介していきます。ぜひ、参考になさってみてください。

 

赤ワイン用の黒ブドウの味わい

赤ワイン用に使われている黒ぶどうの中でも、取り分け有名なのが「カベルネ・ソーヴィニョン」です。世界的に人気の品種であり、フランスはもとより、有名ワイン産地全域で栽培されています。カベルネ・ソーヴィニョンの特徴は、ずばりタンニンの強さです。

渋みが強く、濃厚な味わいが特徴であり、アメリカンチェリーを彷彿とさせる風味を持っています。長期熟成に向くタイプですので、5年以上前に仕込まれた赤ワインでも、十分に美味しくお楽しみいただけます。次に紹介したいのが「メルロ」です。

こちらも、世界中で栽培されており、日本では長野県のメルロは世界的にも有名です。前述したカベルネソーヴィニョンとはうってかわって、ふんわりと優しく丸みのある味わいが特徴です。タンニンが少なく、飲みやすさが魅力です。

そして、黒ブドウで最期に紹介したいのが「ピノ・ノワール」です。デリケートで高貴なブドウ品種であり、フランスブルゴーニュの主要品種としても知られています。ブルゴーニュといえば、あの「ロマネコンティ」の畑を持つ銘醸地域。渋みがほど良く、口当たりのよいラズベリーの香りを感じさせるエレガントな風味が特徴です。

ブルゴーニュ地方以外では、なかなか難しいと言われていたのですが、近年世界中のワイン産地で上質なピノノワールが栽培されており、安価で上質なピノノワール使用のワインが楽しめるようになりました。

 

白ワイン用の白ブドウの味わい

赤ワインを紹介したら、次は白ワインです。白ワイン用に使用されている白ブドウで世界的に有名な品種といえば、やはり「シャルドネ」でしょう。フランス、シャブリが特に有名ですが、南米やチリ、日本などでも高品質なシャルドネが栽培されています。

シャルドネの特徴はグレープフルーツやレモンの柑橘系の香りです。木樽で熟成させることが多く、ほど良い酸味も魅力です。続いて紹介する品種が「ソーヴィニョン・ブラン」です。こちらもさまざまな国の白ワインでみかける品種ですが、特徴としては新鮮なハーブの香りです。

辛口から甘口まで作れるタイプであり、フレッシュな柑橘類の香りも好まれています。フランスのボルドーでは、セミヨンという白ぶどうと掛け合わせた「貴腐ワイン」と呼ばれる、高級甘口ワインの原料としても使われています。

こちらは、やや高価なワインとなりますが、甘くバラが一面に咲いたような麗しい香りを放つ最高品質の白ワインです。さて、白ブドウの最後に紹介するのが「リースニング」です。リースニングは冷涼な地域で栽培されている白ブドウであり、ドイツやフランスのアルザス地方などの主要品種として知られています。

特徴はずばり、フローラルなアロマのような香りです。黄桃やグレープフルーツ、レモンなど甘酸っぱい味わいが特徴です。華やかな香りの白ワインが飲みたいときは、おすすめのぶどう品種です。

 

使用ぶどうを確認して購入してみよう

ここで紹介した黒ぶどうと白ぶどう以外、ワインに使われるぶどうは非常に多くあります。とはいえ、多くが上記で紹介された品種であり、ワイン売場やレストランメニューでも目にすることが多いと思います。

ぶどう品種の個性を知れば、難しく考えずに好みの味のワインをチョイスできるはずです。ぜひ、参考にして、新しいワインの探し方を実践してみてください。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る