ブドウが美味しくなる秘訣!雨と気温の関係を追求しました!

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%88%e3%82%99%e3%82%a6%e3%81%8b%e3%82%99%e7%be%8e%e5%91%b3%e3%81%97%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%82%8b%e7%a7%98%e8%a8%a3%ef%bc%81%e9%9b%a8%e3%81%a8%e6%b0%97%e6%b8%a9%e3%81%ae%e9%96%a2

気温に雨がどれほど大切か?

美味しいワインの条件はただひとつ。高品質なブドウを栽培することです。どんなに醸造技術が優れていたとしても、悪いブドウからは良いワインは生まれません。 もし、その時に何となく美味しく感じると思っても、良いブドウから造られたワインと飲み比べてしまうと月とスッポン。 勝負になりません。さて、そんなブドウ栽培に関しては気候や温度が重要であることは知っているかと思います。 しかし、具体的にどんな温度でどんな天候が好ましいのか、ハッキリと分からないこともあります。ここでは、さまざまな例を挙げながらブドウ栽培と天候、温度などの関係を解説していこうと思います。

ブドウと温度の関係を探る!

温暖な地域はブドウが美味しく育つ。そんなことを聞いたことがあるでしょうか。チリやスペイン、アルゼンチンなどは温暖な気候ですので、確かに高品質なブドウを数多く造ることができます。 しかしながら、暑ければハワイや砂漠などの近辺で造れば最高級のブドウが出来るのでは?と、単純に考えてしまいそうです。実は、醸造用ブドウやブドウなどは10度から20度ほどのレンジの気温が安定的に続く土地で無いと成熟してくれません。 10度以下で無い発芽しませんし、16度から20度ほどで無いと熟しません。ずっと暑すぎれば当然水分が完全に無くなり、ぶどうが熟し過ぎて美味しくありません。 そのギリギリのところが上手に合致しないと、良いブドウは造れないのです。また、甘さもですが酸度もブドウの大切な要因。 酸度は低い温度で生まれ、暑い温度で果実味が造られます。夜と昼の温度差が激しい地域は高品質なブドウが造られやすい地域です。 カリフォルニアなどは、昼間異常に暑いのですが夜はとても冷える。この環境こそがブドウにとっては良い環境でもあるのです。

雨量の関係

雨はブドウにとっては大敵です。年間500〜900ml程度が理想とされています。当然、雨が振らな過ぎても問題ですので、灌漑ということでチリやオーストラリアではこういった処置が取られています。 しかしながら、乾燥することでブドウの樹は地中奥深くにまで根を生やし栄養分を摂取します。良いブドウは乾燥した地域から生まれるわけです。

まとめ

出来るようになれば、嘘かのようにブドウは栽培可能です。しかし、ブドウはデリケートですのでさまざまな条件が合わないと美味しく育ちません。 世界中でここまで同じ作物に命を賭けることがあるでしょうか。世界中の栽培家たちが日々探求し続けている、最高のブドウ栽培地は、これからも見つかる可能性があるのです。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る