フランスワインの歴史を知ってワインを美味しく飲む方法

フランス

フランスワインの歴史を知ろう!

ワイン好きの方であれば、少なからずフランスワインは一度は口にしたことがあると思います。極端な話ではありますが、フランスワインが全世界の基礎になっている、といっても恐らく過言ではないでしょう。

それだけ、フランスが農業国家であり、ワイン最高の銘醸地であるということなのです。さて、そんなフランスのワインですが、フランスの大陸にブドウ畑が勝手に生息しており、そのぶどうが勝手にワインになって、それで世界中の人たちが買いあさった…という、単純な物語ではありません。

正しいフランスワインの歴史を知ることが、ワイン通になるためには、とても重要な知識となります。ここでは、フランスワインの歴史を簡単に紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

ぶどう栽培の歴史

ワインの歴史は、ブドウ栽培の歴史でもあります。まず、ぶどうがフランスに持ち込まれたのは、紀元前6世紀頃、と言われています。

この頃、ローマ人によってマルセイユにぶどうの樹がもたらされ、そこからフランスのぶどう栽培が始ったようです。

ぶどう栽培は徐々にフランス全土へと渡っていき、2世紀にはあのブルゴーニュとボルドー地方へ、3世紀にはロワール地方へ、4世紀にはシャンパーニュへと、現在ワイン産地としては重要な位置づけとなっている場所へと伝来していったのです。

 

ワインの普及

ブドウ栽培が広がることで、次にワイン造りが盛んとなっていきます。実は、ワインはキリスト教と深く繋がっています。

当時、キリスト教の広がりに比例してミサ用に飲まれていたワインが一般市民たちにも愛されるようになったのです。ベネディクト派の修道院の強い働きかけもあって、ワイン栽培やワイン販売がフランス全土へと広がっていったのです。

 

ワインの輸出

当然、ワインの生産量が増えて行くことで、販売経路が外へ向かっていきます。12世紀に入ると、イギリスやドイツなどを中心にワインの輸出が始っていきます。

ボルドーでは、アキテーヌ地方を含む場所がイギリス領となっていたことから、クラレットという赤いワイン製造が盛んになり、まさにワイン大国として動き始めたのがこの頃と言えるでしょう。

しかし、1789年に起こるフランス革命で一時期ワイン造りは衰退します。とはいえ、ボルドーなどはネゴシアンが畑を買ったりしたことで、ワイン造りが復活。

19世紀には現在の2倍の面積のぶどう畑がフランスにあったと言われています。まさに、ワイン大国時代だったのです。

 

フランスワインの危機

ブドウ畑も多く、輸出量も増加したフランスワインはまさに全盛期を向かえていたのですが、ここでフランスワイン存続を揺るがす大事件が起きます。

それが、ブドウの病です。ウドン粉病、フィロキセラ、ベト病の3つの病気は、甚大な被害をブドウ畑へともたらします。

特に、フィロキセラには悩まされ、ブドウ畑が半減してしまうのです。しかし、様々な知恵を全世界から総動員し、この危機を回避。ブドウ作りは継続されることとなったのです。

 

ブランド化

大恐慌が起こったのち、フランスの財産でもあるワインを守るために、原産地名を守る法律であるAOC法が1935年に制定されます。

EUなどでもワインに関する法律が決まり、イタリアやドイツ、スペインなど各国で切磋琢磨できるような、素晴らしいワイン法が制定されていきます。

結果、ヨーロッパワインが品質を保つこととなり、現在でも崇高な扱いを受けているのです。幾多の苦難を乗り越え、現在があるフランスワイン。歴史の味も楽しみながら、じっくりとワインを嗜みたいものです。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る