フランスワインの最高峰、ボルドーの基礎知識!

ボルドー

フランスを代表するワイン産地とは?

ワイン大国として名高い国といえば、間違いなくフランスです。多くのワインショップの目玉コーナーはフランスワインが占めており、長い歴史からその品質の良さまで、世界中のワイン愛好家たちに認められている、まさにワインの銘醸地です。

さて、そんなフランスワインの名産地として知られる代表的な場所が二カ所あります。大西洋側に面したボルドー地区と、大陸側に入り組んだブルゴーニュ地方です。

どちらも、高級ワインと呼ばれる素晴らしいワインを多く造っており、世界でもトップクラスのワインの名産地として知られています。

ここでは、そんなワインの名産地であるこの2つの地域の内、ボルドー地区の特徴を紹介したいと思います。地を知ることが、その場所のワインを知るキッカケになるはずです。

 

ボルドー地方の特徴は?

ボルドー地区は、水のほとりという意味を持つ地域です。フランスの中でも最大のAOCワイン産地として知られおり、あの有名なメドックの5大シャトーはこのボルドーにあります。

まず、ボルドー地方が何故名産地と呼ばれているかを示すのが、3つの川です。ボルドーは大西洋に注ぐジロンド川と、海側の支流であるガロンヌ川、そして中央フランスより流れてくるドルドーニュ川の3つの川が流れています。

この川があるからこそ、土壌や気候が独特なものとなり、良いぶどうが育つとも言われているのです。

因みに、ガロンヌ川のスペイン側にはシロン川という温度が低い川が流れ込んでおり、ここで霧が発生しやすくなることか、あの有名な貴腐ワインができやすい地域があります。シャトーディケムは貴腐ワインで世界最高峰と言われていますが、このボルドーにあるのです。

 

ブドウ品種

ボルドーはブドウを南フランスのようには、多く育てておらず、ある程度品種が決まっています。まず、黒ブドウはあのカベルネソーヴィニョン。

ボルドー原産と言われる品種です。そして、カベルネフランとメルロー、マルベックにプティヴェルトです。

白ブドウは、ソーヴィニョンブランとセミヨン、ミュスカデルが主流です。基本的には、それぞれの品種を調合してワインを作るので、カベルネフラン100%などのワインも無い訳ではありませんが、少ないと言えます。

 

シャトー

ボルドー地方は非常に風光明媚な場所として知られていますが、その美しい景観に一役買っているのが、シャトーの存在です。

シャトーオーブリオンやシャトーマルゴー、シャトーラトゥールなど、さまざまシャトーがありますが、これは醸造設備と畑の両方を備えた生産者のことを指しています。本来は宮殿などを指す言葉ではありますが、ここボルドーではこういった意味合いを持ちます。

その名の通り、お城のような醸造所が立ち並んでおり、まるでおとぎ話のような世界となっています。ワインが飲めない、という方であっても、観光に訪れるととても楽しい場所なのではないでしょうか。

 

格付けによる品質維持

ボルドーといえば、シャトーの格付けが何といっても有名です。1855年にナポレオン3世に指示によって、ボルドーワインの品質保持とブランドアピールなどの目的で格付けが行われています。

基本的には、メドック地区とソーテルヌ&バルサック地区、グラーブ地区やサンテミリオン地区がそれに当たります。

それぞれの地域によって格付けの内容も違っていますが、シャトーはこの格付けを取るだけで、世界的に認められた事となるので、努力を惜しみません。

結果的に、法律の緩い地域と差が大きくついてしまうのは、こういった常に競争精神を国が植え付けているから、とも言われています。

 

セカンドワインに注目!

前述したように、メドックなどの格付けで1級となったシャトーは非常にワイン1本が高額な価格となります。

しかし、製造の過程で一級には少しクオリティが足りないワインは、セカンドワインとして市場に出回ります。

しかしながら、セカンドワインといいながらもそのクオリティは非常に高く、第1級のワインにひけを取りません。ボルドー最高峰のワインを、気軽に楽しむであれば、セカンドワインを飲んでみても良いかもしれませんね。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る