フランスの銘醸地をひとっ走り!?メドックマラソンが凄過ぎる!

メドックマラソン

<h2>ワイン銘醸地だから楽しめる祭り</h2>
レストランで格好良くおしゃれにワインを楽しみたい。当然、ワイン通になってレストランで素晴らしいワインを楽しむ時間は至極の一時です。

しかし、ワインはレストランだけで飲むものではなく、さまざまなシーンで楽しめるお酒です。自宅で飲もうが居酒屋で飲もうが、外で飲もうがどこで飲んだって構いません。

むしろ、楽しく飲めなければ、最高のレストランで最高峰のシャトーのワインも500円のワインに負けます。

それだけ、ワインは融通無碍なお酒であり、楽しみが多い酒類なのです。さて、そんなワインを世界一楽しんでいるだろう国がフランスです。

フランスはワインの銘醸地ですし、国民一人当たりの消費量も世界トップクラス。さぞかし生活にワインが根付いているのだろう、と思いますよね。

実は、想像を超える最高のワイン祭りが毎年開催されていることをご存知でしょうか。ここでは、ワイン好きなら一度は参加してみたい、憧れのマラソンを紹介します。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

<h2>メドックマラソン</h2>
フランスワインで有名なボルドー地方。中でも、メドック地区は格付けシャトーを有する世界トップクラスの有名産地です。

そんなメドックでは、毎年9月の収穫前当たりにマラソン大会が行われます。世界的に有名なシャトーやぶどう畑を見ながら走り抜けることができ、実に爽快な気分で楽しむことができます。

しかし、ただ走るだけではない、というのがこのマラソンの醍醐味。一体、このマラソンの何が魅力なのでしょうか。

<h2>あのワインを飲みながら</h2>
マラソン大会などに参加したことがある方は分かるでしょうが、必ず一定区間に給水所が用意されています。

どこで、どのバランスで給水をするかによってもタイムが大きく変わりますし、ランナーにとってはとても大切な場所として知られています。

しかし、このメドックマラソン。ちゃんとワインが置いてあるのです。何と、ラフィットやランシェ・バージュ、デュクリュ・ボーカイユなど、超高級シャトーのワインが並んでいるのです。

自慢のワインを惜しげも無く給水所で振る舞うなんて、日本人の感覚からしたら驚いてしまうでしょう。

世界一の銘醸地の太っ腹マラソン大会であるメドックマラソンは、当然ながら大人気で、世界中から毎年多くの方が参加されるのだそうです。

<h2>とにかくワインを楽しむ目的が第一</h2>
メドックマラソンでは、ボルドー特産の牡蠣や肉、野菜などさまざまな食材もおかれています。マラソンの途中でマリアージュも楽しめるという、まさに立食パーティーのマラソン版。

また、6時間30分以内でゴールすれば良いらしいので、歩いていても完走が可能。トイレも近くの畑ですれば良いという、何とも自由なマラソン大会なのです。

ワイン好き憧れのメドックマラソン。ぜひ、一度参加してみてはいかがでしょうか。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る