ピノノワールとは【ブルゴーニュ地方】

ワイン

とてもデリケートなピノノワール

世界でも有数の高額ワインを産出する地域といえば、間違いなくフランス・ブルゴーニュ地方です。特に、コートドールと呼ばれる丘陵地帯の一画にヴォーヌ・ロマネ村という場所があり、そこにあのロマネ・コンティの畑が存在しています。

ラロマネやロマネ・サンヴィバン、ラ・ターシュなどさまざまな高級ワイン畑がキラ星の如く並ぶこの地域ですが、実はぶどう品種は全て同じです。それが、ピノノワールという品種。

もちろん、フランスだけでなく世界中で近年は栽培されているのですが、非常に繊細な性格をしており、栽培が難しいと言われています。

やはり、どの地域よりも産地であるブルゴーニュのテロワールに敵わない、と言われるほどに、ブルゴーニュに根付いた黒ぶどうとも言えます。

高級ワインを知っているだけでなく、さらに踏み込むであれば、やはりぶどう品種は無視できません。ここでは、ピノノワールについて詳しく解説していきたいと思います。

ピノノワールとは

黒ぶどうの中でも取り分け官能的でエレガンスである、と表現されることの多いのが、このピノノワールです。

2世紀にぶどう栽培が伝えられたブルゴーニュ地方ですが、既に4世紀ころからは栽培されていたとも言われています。

モリヨン・ノワールとも呼ばれた品種ですが、今でも高級ぶどう品種として、高級ワインなどによく使われる品種となっています。

実は、ピノノワールは、その繊細さが栽培の難さに拍車をかけていると言われています。美しい酸と芳香性が特徴とされてるだけに、繊細さと剛胆さの二つの個性をバランス良く導きださねばならないのです。

暖かい気候であれば良く育ちはしますが、成熟の早さにより香りや酸が弱いワインになってしまいます。

一方、冷涼な産地過ぎるのも、難しくバランスの良い気候が求められます。とはいえ、ブルゴーニュ地方のやや冷涼な地域で栽培されているため、温暖な気候よりは冷涼さが求められる品種となっています。

単一で作られることが多い

フランスの2大産地といえば、間違いなくボルドーとブルゴーニュですが、ボルドー地方の主品種はカベルネソーヴィニョンとメルロー、カベルネフランです。一方、ブルゴーニュの主要品種はピノノワールとガメイ。

さらに、高級ワインを造る地方はピノノワールがほぼメインであり、単一品種で造られることが殆どなのです。

ボルドーが2種類以上のブレンド文化に対し、ピノノワールの品種のみで勝負しなければならないブルゴーニュ地方は、ある意味でぶどうの栽培でワインの善し悪しがハッキリと決まってしまう、というリスクもあるのです。

デリケートな品種と言われる由縁のひとつに、皮がとても薄いので醸造過程でも気を使わなければなりません。そのため、より丁寧に扱われ、エレガントで気品ある味わいの仕上がりとなっていくのでしょう。

テロワールに強く影響される

先程、気候や醸造過程に注意しなければならない、とピノノワールの性格をお伝えしましたが、実は土壌なども非常に関係していきます。

例えば、ブルゴーニュ地方は同じ畑を所有している人が区画で分かれているので、非常にAOCが多いことでもしらています。

ジュブレシャンベルタン村とヴォーヌロマネ村は、およそ8kmほどしか離れていませんが、全く味わいが違います。ジュブレシャンベルタンは北側に位置しているので涼しく、比較的軽やかな土壌です。

そのためか、生真面目で精緻な味わいと評されることが多いようです。逆に、南側であるロマネ村はやや気候が暖かく、重めの土壌であるために厚みがある味わいとなります。長年、ピノノワールに合った土壌を守り続けているピノノワールだからこそ、味わいが守られ、他では真似できないクオリティを保っているのです。

ピノノワールを知るためには、まずはブルゴーニュ地方のワインを飲み、そこからニューワールドへと幅を広げていってみてはいかがでしょうか。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る