ビオワインやオーガニックワインって何?有機農法ワインの基礎を知ろう!

有機農法で造られるワインとは?

ワインを愛する人たちが行き着くところは各人バラバラです。熟成を楽しむためにワインを地下室へ保管する方、高級ワインを追いかける方、どれだけ安くて美味しいワインを探すのかに命をかける方…。 どんなワインを楽しまれるかは人それぞれですし、それがワインの面白さでしょう。さて、そんなワインなのですが有機農法で造られたブドウ。つまり、ビオワインへと行き着く方もいるでしょう。 しかし、何がどうして有機ワインとなるのでしょうか。ここでは、オーガニックワインと呼ばれるワインについての基礎をお教えします。

オーガニックワインはブドウがオーガニック

まず、オーガニックワイン、ビオワインなどと良く言われていますが、これは法律で定められた有機農法で栽培されたブドウを使ったワインのことを差します。 つまり、オーガニックワインというのは醸造段階において多少の添加物を使用してもOKなわけです。何もかもが自然のままで造られているわけでは無く、根本的にブドウがオーガニックと考えるのが正解でしょう。

有機農法の決まり

有機農法で生まれたブドウですが、このような決まりを守らなければなりません。まず、化学肥料や農薬などを使用してはいけない。 有機肥料を使用する場合は、EUが認めてるものでなければいけない。遺伝子組み換えなどは禁止です。さらに、この上記のことを守りながら、植え付け前に2年間や最初の収穫前3年間継続して実施し続けているという規則があります。

ビオディナミ

ロマネコンティなどの畑でも行われていますが、有機農法の上を行く農法がビオディナミというものです。 こちらは、ルドルフ・シュタイナーという人智学者によって提唱されたのですが、牛の角や腸などに牛糞、ノコギリ草、タンポポを詰め込み肥料にします。 また、太陽暦などに合わせて肥料を蒔いたりもするので、周囲から見ていると少し怪しい様相に見えると言われています。酸化防止剤も全く使わない生産者もいるようで、神と宇宙との更新としての農法です。

おすすめは暖かい地域のビオワイン!?

さて、ビオが良いのか悪いのかは未だ答えが出ていないようですが、もしビオワインを楽しまれるなら暖かな地域が良いと言われています。 有機農法が適すのはブドウが完熟しやすい環境です。やはり、北側になってくるとある程度人の力も借りなければ上質なブドウができず、リスクが多いので取り入れている生産者も少なく価格も高めです。 そのため、比較的安価にオーガニックワインが造れる南フランスのワインなどは良いでしょう。ビオワインに懐疑的な方も多いようですが、一度調べて、じっくり飲んでみると考えが変わるかもしれません。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る