ドイツワインの美味しさには秘密があった!

ドイツ

ドイツワインを知っていますか!?

ワインを生産している場所により、それぞれの味わいが変わります。その理由は、ワインはぶどうが原料であり、そのぶどうの味わいがワインそのものの味わいを決めてしまうためです。

こういった背景を元に、ワインはその産地が重要視されており、同じ品種であっても価格に雲泥の差、さらに味わいにも差が出るのです。さて、そんなワインの銘醸地として広く知られているのが、ドイツです。

ドイツワインは、甘く白というイメージがあるようですが、実際はどんなワインを作っており、どういった特徴があるのでしょうか。ここでは、ドイツワインの特徴についてを紹介します。

 

ワイン造りの北限である

ワインを作れる産地というはある程度決まっています。北緯30度から50度まで、南緯も30度から50度であり、この区域がワインベルトと呼ばれています。

ドイツは北半球のほぼ北限に位置しているため、醸造用ブドウの栽培にはやや厳しい条件となっています。

しかし、その弱点を長所にするのが、ワイン大国の強さです。寒いということは、当然ほかの地域に比べてぶどうの生育が遅く、結果的に酸が果汁の中に多く溜まっていきます。

さらに、遅摘みや貴腐ぶどうなどが作りやすくなることから、フレッシュかつ甘口のワインまで、美味しい白ワインを多く造ることができるのです。

 

ドイツワインは最低糖度が重要

ドイツのワインは、どこの地域が優れているなど、そういった区分でヒエラルキーを形成していません。大まかにいうと、地区であったり品種ごろに規定されている、収穫時の最低糖度がドイツワインの上質指定となっているのです。

テーブルワイン、上質ワインと分けられる中で、上質ワインにはさらに細かい区分けが存在しています。

クアリテーツヴァインからカビネット、シュペトレーゼ、バーレンアウスレーゼ、トロッケンベーレンアウスレーゼです。

トロッケンベーレンアウスレーゼが糖度が最も高いワインとされており、ドイツでいう高級ワインとなっているのです。

 

トロッケンベーレンアウスレーゼ

ドイツワインの中でも、取り分け高級品として知られるのが、トロッケンベーレンアウスレーゼですが、一体どのようなワインなのでしょうか。

遅摘みと霧の作用によって貴腐菌がぶどうの果汁を覆います。この貴腐菌が付属すると、小さな穴が果実に空いてしまい、水分がどんどん蒸発していってしまいます。

しかしながら、その分実が糖度をグッと高めていくことにより、非常に甘さの強いワインとなるのです。

さらに、粒単位で収穫することになるので手間もかかり、結果的に1本で10万円を超えてしまうような、高級ワインとなります。トロッケンベーレンアウスレーゼは、ワイン愛好家の中でも、垂涎の一本と言って間違いはないでしょう。

 

ドイツワインの甘さの秘密

ドイツワインは、甘いというイメージが強いようですが、辛口、半辛口なども多くあります。多くのドイツワインは辛口が多いと言われています。

しかし、日本に輸入されくるワインが甘みが強いのは、まだまだドイツワインの輸入量が少ないからというだけでしょう。

ドイツの冷涼な地域の場合だと、早摘みしてしまうと完熟しておらず、酸味が強いのでかなりハードな味わいとなってしまいます。

そのため、発酵途中で発酵を中止して糖分を残したり、ブドウジュースを発酵させずに残しておき、ワインに加えるなど酸味と甘みのバランスを技術や発想の転換によってキープしてきたのです。

 

人工品種も多い

このように、ワイン造りには厳しい土地を活かした、ドイツらしい個性的なワインが沢山生まれている訳ですが、リースニングなど以外、やはり人工品種も多くあります。

このことから、ドイツもワインづくりに努力を重ね続けてきたことが分かりますよね。ぜひ、機会があれば、ドイツのワインを楽しんでみてはいかがでしょうか。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る