チーズとワインを組み合わせる際のポイント

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

チーズとワインは一般的に相性が良いとされていますが、その組み合わせ次第で、双方の味がより引き立つこともあれば、互いにケンカしてしまうこともあるのです。そこで、ここではチーズに合わせてワインを選ぶポイントを紹介します。

同じ原産地のものを選ぶ

一般的なワインと食事の組み合わせ(マリアージュ)の原則において、同じ原産地のものを合わせると良い、とされています。その土地の郷土料理にはその土地で生まれたワインが合う、ということです。

この原則は、そのままチーズにも当てはまります。原産地が同じか、近い産地のもの同士を合わせるようにすると、あまりハズレがありません。

その土地のチーズとワインは、長い年月をかけて共に育まれながら今日に至っているため、相性が良いのは必然的とも言えるのです。

ただ、産地は違っても相性の良い組み合わせもたくさん存在します。

迷ったら赤ワインを

チーズには白やロゼよりも赤ワインが合わせやすいと言われています。もちろん中には白やロゼの方が合うチーズもありますが、もし迷った時は、赤ワインを選ぶと良いでしょう。

特にフルーティなタイプの赤ワインだと、色々なチーズに合わせやすいのでお勧めです。

銘醸ワインに匂いの強いチーズは避ける

匂いの強いチーズには、原料を厳選して作られた銘醸ワインは合わせないようにしましょう。銘醸ワインの持つ繊細な香りが損なわれてしまうからです。

過熟なチーズやスパイスを使用した匂いの強いチーズには、ワインよりもむしろビールやウィスキーなどの方がよく合います。

チーズとワインの特徴を合わせる

チーズとワインの無難な合わせ方として、特徴が似ているもの同士を合わせるという手があります。

フレッシュなチーズには軽めのワイン、豊かなコクのあるチーズにはどっしりと重めのワインといった具合に、似たもの同士を組み合わせるのです。そうすれば、互いの特徴を損なうことがないので、相性の失敗も少なくなります。

チーズと異なる特徴を持ったワインを合わせる

先の「チーズとワインの特徴を合わせる」という組み合わせ方法と矛盾するようですが、あえて異なる特徴を持つもの同士を組み合わせるという方法もあります。

例えば、独特の香りや風味を持つ青カビタイプのチーズをはじめ、塩味の強いチーズには酸味のあるワインや甘口のワインが合うとされています。ワインの酸味や甘味によって、チーズの塩味をまろやかに感じることができるようになるからです。

このように、強い個性を持つチーズには、あえて異なる特徴を持つワインを合わせることで、その突出した個性をまろやかにすることができるのです。また、そのチーズの持つ長所をより多く引き出すこともできるので、チーズもワインもおり美味しく楽しめるようになります。

脂肪分の高いチーズには渋みのあるワインを合わせる

クリーミーなタイプの乳脂肪分の高いチーズには、しっかりとした渋みのある赤ワインがよく合います。赤ワインの渋みが、チーズの持つクリーミーさを引き立ててくれるからです。

 

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ