スペインの固有品種でワインを楽しむ!

スペイン産のぶどう品種を知る

ワインといえばフランス、イタリアといった産地を思い浮かべる方が多いかもしれません。ワイン生産量において世界1,2位を常に争う産地ですので、当然と言えば当然です。しかし、ヨーロッパワインにおける代表格である3番手はスペインであり、ブドウ栽培面積でいうと世界トップクラスなのです。スペインでは誰もが知るぶどう品種の栽培だけでなく、土着品種を多く育て素晴らしいワインを生産していることで有名です。スペインワインを知るために、ここではスペインで栽培されているぶどう品種をいくつか見て行きましょう。

スペインの固有品種について

まず、スペインの固有品種についてを説明します。スペインのワインは、近年成長したと言われますがワイン造りの歴史は3000年を超える歴史あるものです。固有品種が昔より育てられており、近年ではその品種の良さを引き出す栽培法なども発見され見直されはじめています。多くの地域がフランス産のぶどう品種を使うなか、土着品種をメインに造ることでスペインらしい味わいを楽しむことができているのです。

テンプラリーニョ

スペインで最も有名な品種といえば、黒ぶどうであるテンプラリーニョでしょう。リオハやナバーラの原産であり、早熟の意味を持ちます。ちなみに、ラマンチャではセンシベル、リベラデルヂュエロではテンィトフィノと呼ばれます。タンニン、酸度共に優れており長期熟成にも向く品種です。

ガルナッチャ

ガルナッチャも、テンプラリーニョ同様スペインを代表する品種のひとつです。フランスではグルナッシュと言われ、ローヌ地方やラングドックなどで栽培されています。土壌を選ばず、病虫害にも強く偉大なワインを生みます。まろやかで豊潤、口一杯に広がる果実味も魅力です。

アルバニーニョ

白ぶどうで多く造られてるのはアイレンという品種ですが、優れたワインを生むと言われるのがアルバニーニョです。ガリシア州、リアスバイシャスの主要品種でありポルトガルでも主要品種です。香りが高く、酸度も高いので口あたりの良い素晴らしい味わいが楽しめます。

ベルデホ

スペインの白ワインとして有名な品種が、ベルデホです。DOルエダに使われる品種ですが、青臭さが難点とされてきました。生産者によっては研究を重ね、素晴らしいアロマの香りとフレッシュさを引き出す製造方法を取り良質なワインを生産しています。酸度に恵まれており、シャープな味わいも楽しむことができます。

マカベオ ・チャレッロ・パレリャーダ

スペインを代表する白ぶどうといえば、マカベオ ・チャレッロ・パレリャーダの三種です。これらは、スパークリングワイン「カバ」に使われる主要品種です。それぞれに個性がありますが、シャレッロなどは単一品種で造られることもある、高級種です。

まとめ

その土地のワインの味を楽しむために重要なことは、まずその土地でどんなぶどうが栽培されているかです。スペインで栽培される品種を覚えれば、より楽しいワインライフが送れるはずです。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る