スパークリングワインの種類について

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ひとくちに「スパークリングワイン」と言っても、有名なシャンパンをはじめ、生産国や地域、製法などによってその呼び方は様々なのです。ここでは、知っているとレストランや居酒屋でワインを注文するときに役に立つ、様々なスパークリングワインの種類を紹介します。

 

スパークリングワインとは

スパークリングワインとは、3気圧以上のガス圧を持った発泡性ワインのことを言います。スパークリングワインには、通常のワインを瓶内で二次発酵させて炭酸ガスを溶け込ませたものと、人工的に炭酸ガスを注入したものがあります。

 

スパークリングワイン≠シャンパン

日本ではスパークリングワインのことを総称して「シャンパン」と言われることがありますが、これは大きな間違いなのです。

シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方において、特定のぶどう品種を用いて瓶内二次発酵方式(トラディショナル方式)で造られ、かつフランスのワインの法律であるAOC法に規定された厳しい条件を満たしたものだけが名乗ることができるのです。

シャンパンが高級であることには、このような背景があるのです。

 

クレマン/ヴァン・ムスー/ペティヤン

フランスにおいてシャンパン以外のスパークリングワインは、「クレマン」もしくは「ヴァン・ムスー」と呼ばれます。

なお、「クレマン」とはシャンパーニュ地方以外の地域でシャンパンと同じく瓶内二次発酵の製法で造られたスパークリングワインのことを指し、シャンパンのような上品な泡立ちが比較的リーズナブルな価格で味わえます。

また、2.5気圧以下の弱発泡性ワインのことを「ペティヤン」と言います。

 

スプマンテ/フランチャコルタ/フリツァンテ

「スプマンテ」とはイタリア語で「発泡性の」という意味の言葉で、日本ではイタリアのスパークリングワインを総称して「スプマンテ」と呼んでいます。

その中でも、イタリアのフランチャコルタ地方にてシャンパンと同じく瓶内二次発酵の製法で造られたものを「フランチャコルタ」と呼び、最高級のスプマンテとされています。

また、3気圧以下の弱発泡性ワインのことを「フリツァンテ」と言います。

 

エスプモーソ/カヴァ

「エスプモーソ」とは、スペインにおけるスパークリングワインの総称です。

その中でも、シャンパンと同じ製法で造られるものを「カヴァ」と呼びます。スペインで造られるスパークリングワインのほとんどがこの「カヴァ」であると言われ、その品質の割に値段が手頃なことから、日本でも広く浸透しています。

 

シャウムヴァイン/ゼクト/ドイチャー・ゼクト

ドイツで造られる発泡性ワインのことを「シャウムヴァイン」と呼びます。原料となるぶどうは、ドイツ国内のものに限らず、EU地域のものであれば良いとされています。

また、EU地域内のぶどうを使ってシャンパンと同じ製法で造られたものを「ゼクト」、ドイツ国内のぶどうのみを使ったものを「ドイチャー・ゼクト」と言います。

 

まとめ

いかがでしたか?ここで解説したように、スパークリングワインには様々な種類と呼び方があるのです。レストランによって、スパークリングワインのことを「スプマンテ」と表記したり、「カヴァ」と表記していたりしたのは、このような理由があったからなのです。ぜひ色々なスパークリングワインを飲み比べながら、それぞれの違いを感じてみてくださいね!

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る