サンジョベーゼって知ってる?イタリアを代表する黒ブドウ品種を知ろう!

サンジョベーゼというぶどうを知る

ワインと聞いたらフランスというイメージが強いと思いますが、実はワインが大好きでたまらないという方を覗けば、結構我々はイタリアのワインにお世話になっています。イタリアワインは比較的高品質でありながらも価格がカジュアル。 全体的に安定した味わいのバランスもありますし、料理にも合わせやすく使い勝手が良いのです。イタリアンレストランも多いですし、日本人にはイタリアのワインが合いやすい可能性があります。 さて、そんなイタリアワインといえば押さえておかなければいけない品種があります。それが、サンジョベーゼです。 サンジョベーゼはトスカーナ州の主要品種ですが、基本的には多くの地方で栽培されています。あのキャンティの品種として世界的に知られていますし、ワイン好きの方であれば一度は飲んだことがあるでしょう。 今回、ここではサンジョベーゼについてを詳しく見ていきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

サンジョベーゼとは?

サンジョベーゼは、黒ブドウです。熟すタイミングが遅くデリケートで、ピノノワールに似ていると言われています。 味わいの特徴としては、カベルネソーヴィヨンよりの強さ、そしてピノノワールよりの繊細さ。丁度、真ん中の辺りの味わいと捉えると分かりやすいでしょう。オリーブの樹と栽培もできるようで、まさにイタリア的な品種と言って良いでしょう。 サンジョベーゼはイタリアの土着品種であり、この場所以外では上手に育つことは無いと言われています。それほどに、土地に根付いたブドウ品種ということが分かりますね。

熟すとダークチェリーへ

キャンティにはさまざまな種類があり、当然ながら品質も生産者のよって違います。同じキャンティでもここまで味わいが違うのか、と驚かれることもあるでしょう。 トスカーナの標高が高い地域と低い地域では当然ながらサンジョベーゼの味わいには差が出ます。酸味が強く酸っぱいというイメージを持つ方は、低めの平地で栽培されているサンジョベーゼをチョイスすると良いかもしれません。 さらに、若いと深みが足りないという方はレゼルバ、またはブルネロモンタルチーノをチョイスしても良さそうです。 ブルネロではサンジョベーゼがブルネロと呼ばれていますが、60ヶ月の樽熟成が定められています。この重厚さがありながら、エレガントさは一切失わない最高級のワインです。

まとめ

イタリアンには必ずと言って良いほどに合うのがこのサンジョベーゼ。トマトソース、ミートソースにはもう最高に合います。 普段、ご家庭でパスタを食べられる方も多いと思うので、一家に一本、サンジョベーゼ種のワインを置いておくと良いのではないでしょうか。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る