カラフェとは?ワインで使われるカラフェとデキャンタの違い

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインを提供するバルやトラットリア、レストランなどにいくと、ボトルとグラス、そしてカラフェという文字を見ることがあるでしょう。

ボトルとグラスは良く分かると思いますが、カラフェについてあまり馴染みの無い方も少なからずいるはずです。一体、カラフェとは何なのでしょうか。ここでは、カラフェについてを簡単に紹介していきます。

ピッチャーの役割

では、実際にバールなどでカラフェでワインを頼むと、どういったものが来るのでしょうか。透明のガラス製の花瓶のようなものに、ワインが注がれたものがやってきます。

口部分が円みを帯びており、注ぎやすいような形の可愛らしい瓶です。さて、これは一体何なのかということなのですが、これは要するにピッチャーの役割を持っていると思っていただければ結構です。

よく、水などがこういった容器に入って運ばれてきて、自分で勝手にサーブをすることが可能ですが、そのワイン版と捉えてもらって問題ありません。ボトルの場合、ソムリエが注いでくれたり、人に注いでもらうなど、ちょっぴり厄介ですがカラフェであれば、とってもカジュアルにワインが飲めるので楽しいかもしれませんね。

デキャンタと違うのか

カラフェを見ると、口が開いているのでデキャンターの役割をするのではないか、と思われるかもしれません。確かに、還元的であった赤ワインをカラフェに入れると、そういった作用があるのかもしれません。

ただし、開いている口が狭く、注ぎやすさを目的にしているのでデキャンタとは用途が全く違います。デキャンタージュは、ワインを先に別容器に移しておくことで、還元的になっていた香りや味わいを空気に触れさせる目的です。

そうすることで、酸素とワイン内のさまざまな成分が触れて、まろやかで本来の香りを発する訳です。カラフェの場合、そのまま放置し続けることはおすすめできません。既に飲める状態のワインを移し替えるだけの、ただの注ぐ用の容器です。この辺りを勘違いすると、少し恥ずかしいので注意しておくと良いのではないでしょうか。

カラフェの形

カラフェは花瓶のような、美しいフォルムをしたガラス製の容器です。とはいえ、別に形が絶対的に決まっているわけではありません。カラフェには、実はさまざまなデザインがあり、このデザインのこだわるだけでもワインの楽しみがぐっと増えるのでおすすめです。

まず、一般的なカラフェは、胴体が円みを帯びており、口部分がすぼんだとっくりのような形です。丁度、首のへこんだ部分を持ちやすいように設計されています。また、Tカラフェというものもあるのですが、こちらはやや垂直の円筒系です。

ちょっとだけ、口部分が窄んでいるのが特徴的でしょう。また、ウィーンカラフェもユニークです。こちらは、マグカップのような持ち手がついた、ティーポットの変形版のようなデザインです。ワインを注ぎやすいデザインですので、日常使いには最適なのではないでしょうか。

道具に目を向けるとより楽しい!

一口に、カラフェといっても本当にさまざまな種類のカラフェがあります。ワインの銘柄や味わいにこだわるのも、もちろん楽しいですが、大切なのはその周辺で使われる道具にも目を向けることです。ぜひ、幅広い視野でワインを楽しまれてみてはいかがでしょうか。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ