イタリアワインで有名なルーチェを知る

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインには、さまざまな種類が存在しています。基本的に、高級ワインとして販売されているワインの場合、フランスでいうAOCのようにワインの出所が分かっている厳しい法律で守られたワインが高額なワインとなります。

そのAOCの範囲が狭くなればなるほどに生産量は少なくなり、法律も厳しくブランド化されていきます。しかしながら、そういった制度を覆してしまうような、素晴らしいワインを造る地域があります。それが、イタリアなのです。イタリアには、ルーチェという素晴らしいワインがあります。ここでは、ワインのルーチェについてを紹介します。

スーパータスカンとは

イタリアのワインで最高峰のカテゴリーは、DOCGというものです。トスカーナのキャンティッククラッシコだったり、バローロ、バルベーラ、ヴァルポリチェッラなどがそれに当たります。

そして、テーブルワインとしてのカテゴリーがヴィノターヴォラとなりです。これらは、テーブルワインですので安価であり、日の目を見るようなワインではなく日常消費型のワインです。しかし、トスカーナのボルゲリという産地では、ボルドーに似た気候であったことが幸いし、ヴィットリオ・フレスコバルディとロバート・モンダヴィという、ワイン造りの巨匠によってルーチェが誕生しました。

太陽を象ったラベルとなっており、まさに神の恵みと恩恵を受けた最高級ワインとして市場を驚かせることになりました。

ルーチェはモンタルチーノ

トスカーナの高級ワイン産地のなかに、モンタルチーノがあります。ブルネロという、やや粒の大きなサンジョベーゼがここの土着品種であり、素晴らしい赤ワインを生み出すことができる場所です。

低地にいくと、水はけの良い有機成分の少ない土壌ではなく、やや粘土を豊かに蓄えている土壌となります。これらは、粘土質土壌を大変好むメルローに適していることが分かっており、ここで育てられるメルローはまさに完璧な味わいを生み出します。

ルーチェの醸造方法

ルーチェの醸造方法は、徹底した温度管理や最新の機種が使われています。手作業で収穫されたブドウは、余計な苦みなどを液体に抽出させないように、果梗をしっかりと取って発酵させられます。

フランス産のバリック樽で、マロラクティック発酵まで行っています。そして、サンジョベーゼとメルローをここでブレンドして、最上級の味わいで育てていきます。事実、樽で2年間じっくりと熟成されていきます。

出来上がりを見て回るのは、醸造責任者ですが、口にした途端に良いものと悪いものをしっかりと見極められ、最上級と判断されたワインに関してはトップキュベとして、ワインとしての王様であるルーチェとして売り出されることとなります。

通常のルーチェですが、これらはカベルネソーヴィニヨンではなく、サンジョベーゼを使用していることが、話題となったきっかけです。

さらに、メルローもブレンドされていることから、その独創的な味わいとまろやさは誰にも真似できないといわれています。もちろん、ルーチェ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノというDOCGもあります。ワインには様々な種類のものが存在しますが、飲むならルーチェををおすすめします。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ