どうすればいい?お金はかかる?ワインソムリエのなり方と費用について

どうすればいい?お金はかかる?ワインソムリエのなり方と費用について

ワインソムリエになりたい!そう思ったとき、気になるのがどうしたらなれるのかということ、そして、なるためにはどの程度の費用が掛かるかということです。今回はワインソムリエになる方法と、必要な費用についてご紹介します。

ワインソムリエとは?

ワインソムリエといえば、ワインに対するエキスパートというイメージです。しかし、実際はワインソムリエとはどのような存在なのでしょうか。

ワインの品質管理やサービスをおこなう

ワインソムリエの重要な仕事として、ワインの品質管理があります。ワインは非常に繊細なもの。適度な状態で保存しなければ、高価なワインもあっという間に劣化してしまいます。このワインの品質管理を行うのも、ワインソムリエの仕事です。

また、ワインソムリエには、お客様に対するサービスも求められます。これはワインに関することはもちろん、食事全体に関して清潔で衛生的な環境を作る、食事の雰囲気を快活で明るいものにするといったものも含まれています。

食事やその人に合ったワインを選ぶ

ワインは非常に奥が深いもの。ぶどうの品種やワインの産地、銘柄、年代などによって味も異なります。

さらにワインにとって重要なのが食事との相性。適切なワインを選ぶことで、食事がさらに美味しいものになりますが、逆に合わないワインを選ぶと、食事もワインも美味しいとは感じられません。

また、ワインに対しては人の好みも重要です。重いものがよいのか軽いものがよいのか、渋いものがいいのか、酸味があるものがいいのかなど、それぞれの人の好みと食事に適切なワインを選ぶことも、ワインソムリエに与えられた役割です。

ワインソムリエになるには?

難しい反面、非常にやりがいの多いワインソムリエの仕事。それでは、ワインソムリエになるためにはどうすればよいのでしょうか。

ソムリエになる基本ルート

ワインソムリエになるためには、ふたつのルートがあります。

まず高校を卒業して、そのまま進学する方法。通常の短大や大学だけでなく、飲食系の専門学校に進学して、知識を身につけ、その後飲食店などに就職、実務経験を経てワインソムリエの資格を取得するという方法です。

もうひとつは、高校を卒業後、すぐに飲食店などで働き、実践経験を積んでワインソムリエの資格に挑戦するという方法です。

ワインソムリエの資格

実はひとくちにワインソムリエと言っても、その資格には二つの種類があります。

ひとつが「日本ソムリエ協会(JSA)」が主催するワインソムリエの資格、もうひとつが「全日本ソムリエ連盟 (ANSA) 」が主催するワインソムリエの資格です。

この二つのもっとも大きな違いは、JSAの資格が受験に際して実務経験が必要になるのに比べて、ANSAの資格では実務経験は問われないということです。

JSAソムリエ資格の受験内容と費用

それではJSAソムリエ資格を受験する場合、どのような内容の試験が行われるのでしょうか。また、費用はどの程度になるのでしょうか。

一次、二次、三次まである

JSAソムリエ資格の試験では、一次試験から三次試験までが行われます。

一次試験は筆記試験で、ワインに対する基本的な知識に関する内容が出題されます。

二次試験はテイスティングが行われます。これはワインの味や香り、品種を当てる試験で、ウイスキーや日本酒に関する知識も問われます。

三次試験は実技。ワインをサービスするときの実技試験が行われます。

受験費用

JSAソムリエ資格の試験の場合、JSA会員であれば17210円、一般の場合には25440円の受験料が必要になります。

ただし、受験と同時に入会することも可能で、その場合は入会金が半額となり、受験料も会員価格で申し込みを行うことができます。また、受験の準備としてワインスクールなどに通った場合には、講座の費用も必要になります。

講座には様々な種類がありますが、講座の受講費用としては10万円から15万円というのが一般的です。

ANSAソムリエ資格の受験内容と費用

一方のANSAソムリエ資格を受験するではどのような内容の試験が行われるのでしょうか。また費用はどのように異なるのでしょうか。

五次まである

ANSAソムリエ資格では五次試験までが行われます。

一次試験では、接客や食品、ワインの基本的な知識が問われる筆記試験。

二次試験では、ブドウの品種やワインの製造方法、季節ごとの販売促進の企画書などが問われる筆記試験です。

三次試験には二種類のワインのテイスティングが問われ、品質の評価やワインの状況の判断が問われます。

四次試験では、ワインの法律やルール、五次試験では、ワインの抜栓をはじめとする実技試験が行われます。

受験費用

ANSAソムリエ資格の場合、実務経験は問われない代わりに、講習を受講する必要があります。

講習のコースには、通信コースや在宅受講・受験コース、短期間の受講コースなどがあり、通信コースの場合は66800円、在宅受講・受験コースの場合は47200円、短期間の受講コースの場合には121100円とそれぞれ費用が異なります。

ただしANSAソムリエ資格の場合にはしっかりと講座が受講できるため、スクールなどに通う必要性は低いようです。

ワインソムリエの難易度

ワインソムリエの資格は難易度が高いというイメージ。では実際には、ワインソムリエの資格はどれほど難しいのでしょうか。

ソムリエ試験の難度は高め

飲食に関する資格の中で、ソムリエ試験の難易度はかなり高めです。理由は、ワイン自体が非常に奥の深い世界であることや、ワインソムリエはたくさんのワインの種類を知らなくてはいけないことが挙げられます。

ANSAの場合、合格率は公開されていませんが、JSAの2016年以降の合格率は23.5~29%だとされています。

ソムリエに求められる人物

ワイン好きの人には憧れの仕事であるワインソムリエ。では、ワインソムリエとしてどのような人物が求められているのでしょうか。

ワインが好き、興味がある

まずなによりも重要なのが、ワインが好き、ワインに対する興味があるということです。ワインは味や香りといった直接の味わいだけではなく、歴史や製法など様々な側面があります。また、現在では様々な産地で、これまでにはなかったワインが作られることも多いもの。

それらのワインに対して興味を持ち、探究を続けられるかどうかもワインソムリエにとっては重要です。

食に興味がある

ワインと他のアルコール飲料とのもっとも大きな違いは、食との組み合わせ。ワインの味は、料理との組み合わせによって無限に変化します。そのため、ワインソムリエには食への関心も重要です。最近では、ワインと和食との組み合わせについての関心も高まっているため、ワイン産地の料理だけでなく、様々な国や地域の食に関心を持つことが大切だと言えるでしょう。

サービス心がある

ワインソムリエは、ワインの専門家であると同時にお客様にサービスを行う仕事です。そのため、お客様がくつろげるように、雰囲気を作りながら接客をするサービス心が求められます。また、お客様のニーズを探り、どのようなワインを求めているかを知るためのコミュニケーション能力も必要です。

そのため、単にワインが好き、ワインのことを知りたいというだけでなく、ワインを通じて人をもてなすことを楽しめる人が向いているかもしれません。

まとめ

ワインソムリエになるのは簡単ではありませんが、非常にやりがいのある仕事です。もしもワインソムリエにあこがれているという方は、思い切って一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

ワインについて

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ
string(12) "not excludes" string(10) "cat is obj"