その国によって違う 各国のワインの特徴

各国違うワイン

ワインは日本国内はもちろん世界各国様々な国々で生産されています。

そんな様々な国々のワインをご紹介です。

○日本産ワイン

日本の気候の特徴は四季の季節によって温度や日光の出方、雨量や湿度までさまざま変化することです。

その四季を生かしてブドウの栽培時期や熟成期間なども決めていたりします。

日本産ワインは飲み口が上品といわれ、まろやかな味わいといわれています。

さらに!ワイン=洋風料理のイメージがかなり強いですが

意外に和風料理にも合うのが日本産ワインの特徴であるといわれています。

○フランス産ワイン

ワインといえばフランス、というイメージもあるほどの有名なワインの名産地です。

それを証明するかのように「ワインの王様」のブルゴーニュ地方、「ワインの女王様」の

ボルドー地方、そしてスパークリングワインで有名なシャンパーニュ地方を合わせて三大産地と呼ばれ、

各地方で名産となるワインを生産しています。ブルゴーニュ地方は単一品種のブドウであるのに対し、

ボルドー地方ではブドウを数種類ブレンドして使うのが特徴です。

○イタリア産ワイン

実は生産量世界一のイタリアは生産の90%がテーブルワイン。

最近ではかなりカジュアルなタイプのワインが人気ですが、イタリアのワインには

最高級から安くお手ごろな価格のワインまでさまざまあります。

○ドイツ産ワイン

ドイツで有名なアルコールといえばビールですが…。

確かにワイン生産はそれほど盛んではありませんが、ドイツ産ワインは甘口でジュースのよう。

比較的涼しい気候が影響しかなりフレッシュでフルーティーな飲みやすいワインとして愛されています。

また生産のほとんどが白ワインという特徴もあります。

○アメリカ産ワイン

アメリカ産のワインは90%が南のカリフォルニアで生産されています。

これは比較的温暖な気候を利用し、ブドウの栽培が盛んであるためです。

ドイツ産ワインとは反対にアメリカ産ワインは赤ワインが主流。

○スペイン産ワイン

シェリー酒が有名なスペインですので、やはりそれほど盛んな生産というわけではありません。

大半がスティルワインでリオハ地方での赤ワインはフランス・ボルドー地方に劣らないワインとして

有名となっています。

○オーストラリア産ワイン

オーストラリア産のワインはお手ごろな価格で世界80カ国以上で愛飲されていることでも

有名です。価格は手ごろでも高品質であることからかなりお得なワインですし、オーストラリア国内の

食卓にもよく登場するようです。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る