すぐにできる!ワインで作れるカクテルおすすめ4選

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

ワインとカクテル。あまり結びつかないようなイメージがありますが、実は世界にはワインを使ったカクテルが数多くあることをご存知でしょうか。

ひとくちにカクテルといっても、今や焼酎や日本酒など、さまざまなお酒で作られるカクテルが出回っています。

そうなれば、ワインのカクテルが出回るのもごく自然のことでしょう。今回、ここではワインカクテルについてを紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

キール

ワインのカクテルとして恐らくもっとも有名なのが、キールではないでしょうか。キールは白ワインにクレームドカシスを混ぜ入れた爽やかなワインカクテルです。実は、ここのキールなのですが、使うワインにヒミツがあります。

それが、フランスのブルゴーニュ地方で造られているアリゴテ種の白ワインなのです。アリゴテはブルゴーニュ地方以外ではあまりお目にかからない品種で、酸度が特徴的な白ワインです。

さらに、クレームドカシスで有名なのもブルゴーニュ地方です。二つ、同じ産地のお酒であれば絶妙な相性を見せるのは当然ともいえるのです。

キール・ロワイヤル

定番のワインカクテルがキールだとしたら、キール・ロワイヤルはより一層おしゃれな雰囲気を楽しむことができるカクテルです。

シャンパーニュを注ぎ入れた後に、1割程度クレームドフランボワーズを混ぜ入れると、とても華やかで豪華なワインカクテルが完成します。美味しいことはもちろん、女性でも飲みやすいので喜ばれるのではないでしょうか。

カーディナル

今までは、定番的なカクテルを紹介してきました。ここからは、ワイン好きにも喜ばれそうな、通好みのカクテルを紹介していきます。それが、カーディナルです。カーディナルは、赤ワインとクレームドカシスを利用するものですが、この赤ワインに何を使うかがポイントです。

実は、おすすめとされているのがボジョレーヌーヴォーなのです。ボジョレーヌーヴォーは、ガメイ種を使用しているので酸味が強く、冷やして飲むととても美味しいワインです。

タンニン、つまり渋みが少ないので甘口のリキュールと合わせるだけでもぐっと華やかさを増します。軽めのワインがあまりお好きでない、という方にはとてもおすすめなカクテルなのではないでしょうか。

キティ

赤ワインがお好きな方であれば、キティはご自宅でも手軽に造れるのでおすすめです。赤ワインは何でも良いですが、メルロー種などの、バランスの良い品種で造ると美味しく造れます。そして、こだわりたいのが割るジンジャーエール。甘味料が多く入っているものだと、少しジャミーな味わいになってしまうので、ここは敢えて本格的なスパイシーなものを使いたいところです。ワインが少し苦手という友人たちが来たら、ぜひ振る舞ってみてはいかがでしょうか。

ワインカクテルの楽しさはキリが無い!

ワインのカクテルは、本当にさまざまな種類があるので、安いワインを使って色々と造ってみるのも面白いのではないでしょうか。

白ワインとレモンジュース、ジンジャーエールを使うオペレーター、スパークリングワインとオレンジジュースを前入れたミモザ、ピーチネクターとグレナデン・シロップ、スパークリングワインを混ぜるベリーニなど、楽しさにキリはありません。ぜひ、色々と挑戦しながら楽しんでください。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る