これを知れば問題無し!レストランでのワインオーダー法!

オーダー

レストランでのワイン頼めますか?

ワインを自宅で飲む、という方もレストランでワインを楽しむことがあるでしょう。しかし、自宅で気軽に飲む時は違い、どうもレストランでワインを楽しむ勝手が分からないという方も多いようです。

もちろん、気軽に楽しめば良いのですが、ある程度分かっていた方が楽しめることも事実です。

ここでは、ワインをレストランで飲まれる時の基本的な流れや仕方などを紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

食前酒の頼み方

レストランに行くと、メニューをもらう前に多くの場合「食前酒はいかがいたしますか?」と、いうようなことを聞かれます。

食前酒を飲む目的はただ酔いを回すのではなく、食欲を高めるという目的があります。実は、この食前酒は特に頼まなければならないものではありません。不要であれば、丁寧に断ってもマナー違反には決してなりません。

さらに、ここでポイントはソムリエはお酒のプロである、という点です。つまり、何を飲んでいいのか分からないので断るのではなく、詳しく無いのでサッパリした食前酒、重ためなど、希望を伝えれば必ず教えてくれます。逆に、知ったかぶりをして無理をしない方が好印象である、ということなのです。

ワインの頼み方

ワインの頼み方も人それぞれではありますが、レストランとなるとやはり750mlを1本楽しむ、というような流れとなります。

有名なソムリエによると、5000円のコースであれば5000円程度のワインをと、値段を合わせるのが良いそうです。

もちろん、人それぞれ予算には幅がありますので、頼み方は自由です。さて、ワインの頼み方ですが、ソムリエと会話をするのが良策です。

肉がメイン、魚がメイン、全体的な味付けなどなど、その料理と合わせやすく、さらに辛口や甘口、価格など情報をまとめて提案してくれます。

肉だから赤、魚だから白、ではなくソムリエに相談すると、思いもよらない美味しいワインとのマリアージュが楽しめますよ。

上手なワインの頼み方

レストランを訪れる時、男女で訪れるシーンが多く見受けられます。この場合、やはり男性はスマートに女性をエスコートしていきたいところです。

レストランは基本的にレディ・ファーストのため、女性に好みを聞いて、それをソムリエに反映されるのがマナーとされています。自分勝手に決めるのではなく、ちゃんと女性の意見を上手に伝えましょう。

また、提示されたワインが予算オーバーだった場合、もっと安いはありますか?と、聞くのは少々気後れするものです。ワインは年数が経ち、重厚になっていけばいくほどに高額になります。

そのため、もう少し軽めはありますか?と、伝えると良いでしょう。ソムリエも、そのあたりは重々承知していますので、安心してください。

ワインの注ぎ足しはソムリエ?

理想のワインはテーブルに注がれ、ホストテイスティングなどが終れば、食事とワインを楽しむ時間のスタートです。

楽しい時間の流れとともに、当然ではありますが、グラスからワインが減っていき、最終的にはグラスは空となります。

このとき、自分でガブガブ注いでしまうのはレストランでは、ちょっと頂けない行為となるようです。まず、ワインを注ぐのはソムリエの仕事ですので、ソムリエが気付けば注ぎ足しに来てくれます。ソムリエが気がつかなかった場合、店舗のスタッフに頼むのも良いでしょう。

それでも、誰も気付かなかった場合は自ら注ぐのはOKです。ただし、女性に注がせるのはどうやらマナー違反のようで、男性が注いであげます。女性はボトルに触ってはいけない、などというマナーが高級レストランには存在するほどです。

ソムリエと楽しく会話を!

レストランでワインを楽しむコツは、ソムリエと会話を楽しむこと。どんなにワインに詳しくても、やはりプロフェッショナルであるソムリエにはそうそう敵いません。

だからこそ、ソムリエのパフォーマンスと知識を楽しむ、というのが良いお客かもしれません。是非、参考になさってくださいね。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る