これを知ればもう無敵!さぁ、ワインショップに行こう!

ワインショップについて知ろう!

ワインに興味を持ち出し始めた方の場合、ワインショップに行くことはとても楽しさを感じるのではないでしょうか。 本やネットで見たあのワインがこんなにも並んでいる。テーマパークよりもドーパミンが溢れ出し、一日中ワインショップで過ごすことができそうです。さて、そんなワインショップなのですが、あまり行ったことが無い方にとってみればまさに宝探しのような状態です。 何がどこに、どういった風に並んでいるかなんて皆目検討が付きません。実は、ワインショップは基本的には同じ造りとなっています。 わざと不規則な並べ方をする店主もいるでしょうが、こぢんまりとした個人店以外はあまりありません。ここでは、ワインショップの間取り図などについてを紹介します。これを知れば、ワインショップも怖くありません。

入り口付近

ワインショップの入り口を開けて直ぐに現れるのは、比較的安価なワインやお得ワインです。ワイン界の常識とすれば、チリや南フランスのワインは安価なデイリーワインですので目につきやすいところに置いてあります。 ここで1本好みを探しだし、奥へと誘う作戦でしょう。そして、壁面にはズラリとワインが立ち並んでる風景を見ることができます。やや大型店であれば普通は赤ワイン、白ワインと別れて陳列しているので安心して選べるでしょう。 大体、ここにはそこまで高額なワインは並んでいません。せいぜい、1000円から5000円程度だと考えてください。 とはいえ、家飲みをするには使いやすいワインですし、掘り出しものも沢山あるので、ある意味で一番楽しいところでもありますね。店鋪によっては国別で別れていることもあります。

高級ワインは奥のセラーに

さて、ワインショップに行ったのであれば、1本数万、数十万円する高級ワインをご尊顔を拝みたいところです。レストランでも頼まなければ持ってきてもらえませんし、日常的に触れ合える物でありません。 基本的に高級ワインはヴィンテージが古かったり、資産価値レベルの価格ですので丁寧に保管されています。ワインセラーは店鋪の奥にあるのが一般的ですが、一定温度に保たれています。 さらに、もしバッグなどが当たって落としたら大変です。本来であれば、スタッフに相談してバッグなどは預けておくと良いでしょう。また、購入するのは良いですがベタベタとエチケットなどを触らないことです。カビが付きますし、澱が舞います。相当、慎重に扱いましょう。見ているだけでも楽しいですけどね。

グッズや本はレジ近く

お目当てのワインが決まったら会計ですが、レジ付近には大抵の場合は関連雑誌やグッズが置いてあります。そこで時間を潰すのも良いですし、いろいろと情報を仕入れておきましょう。 ワイン好きの方がショップに行くと、あっという間に時間が過ぎてしまいます。ぜひ、毎週でも頻繁に足を運んでワインを日常使いしてくださいね。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る