これを知ってれば通!?ドメーヌやネゴシアン、シャトーの違い!

<h2>ドメーヌ、ネゴシアンって何!?</h2>

ワインをお好きになっている方であれば、ドメーヌ、シャトー、ネゴシアンなどのさまざまな名前を聞いたことがあります。

しかし、それぞれの意味が分かっている方は案外少ないといわれています。そもそも、ドメーヌ、シャトー、ネゴシアンとは何なのでしょうか。知った振りではなく、堂々と人に伝えられるよう、ここではこの違いについてを紹介します。

<h2>ドメーヌ</h2>

近頃、日本でも良く聞かれるようになった言葉がドメーヌです。ドメーヌは、フランス・ブルゴーニュ地方で良く聞かれる名前なのですが、一体何をさしているのでしょうか。そもそも、ドメーヌというのは自社畑を持ち、そこで栽培されたブドウだけを使ってワインを生産する生産者のことをさしています。

つまり、畑を1haでも所有しており、その畑から穫れたブドウだけを自ら醸造して販売している生産者をドメーヌと呼んでいます。

とはいえ、日本では特にドメーヌと名乗るべくための法律は無く、契約している栽培農家からブドウを買ってそれを醸造しても、ドメーヌの名は使用しても問題無いとされています。

<h2>シャトー</h2>

シャトー・シュヴァル・ブラン、シャトー・ラトゥールなど、比較的ボルドー地方で多く聞かれるこの言葉。ワインを製造するということに関しては特にドメーヌと変わらず、買いブドウを使っていてもシャトーと名乗ることができます。

ただし、シャトーはフランス語で城を意味する言葉であり、城を模したようなワイナリーがあり、自社畑も有して自らブドウを醸造することができる生産者がシャトーを使っています。

こちらも、厳しい法律などは決まっていませんが、シャトー○○と名がついているワイナリーがあるのであれば、立派なワイナリーがあると思ってよいでしょう。

<h2>ネゴシアン</h2>

ネゴシアンは、自社畑などを有さず、ブドウや醸造中の果汁、バルクワインなど、他社から購入した後に、それらを原材料にしてワインに仕立てる生産者をいいます。

自社畑を持たないために、維持、管理費などもかからず、さらには毎年安定的なワインを造ることが可能です。しかし、自分の本当に造りたい理想のワインとなると難しく、どれだけ栽培農家と上手に手が組めるかが成功の鍵とされています。

<h2>マイクロネゴシアン</h2>

今、ブルゴーニュ地方で増えているのが、マイクロネゴシアンという生産者です。農家と手を組みながらも、少量は自らが有する自社畑で栽培したブドウでワインも造る、両刀タイプです。

高品質なワインを造ることで話題となれば、ある程度の価格をつけても商売になります。初期投資の少なさから、若い多くの新規事業社などがこのパターンを取っているようです。

今後、まだまだワイン製造業界者は増えていくだろうといわれています。ワインが大ブームになってからではなく、今のうちに基本を押さえておくと良いのではないでしょうか。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る