これって何だ!?ドメーヌとネゴシアンの違いを知ろう!

%e3%81%93%e3%82%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%e3%81%9f%e3%82%99%ef%bc%81%ef%bc%9f%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%8c%e3%81%a8%e3%83%8d%e3%82%b3%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%81%ae

ブドウ造りにもさまざまある

ワインが好きになると、ワインの味わいもそうですが、そのワイナリーの歴史背景などもどんどん知りたくなるものです。ワインはぶどうを醸造させて造られるお酒ですので、何となくぶどう畑で頑張ってブドウを造り、そしてワインを醸造して出荷という単純作業のようにも感じます。 しかし、そんなぶどうを造るにも複雑な事情がいろいろと絡みます。そのよくある例が、ドメーヌとかネゴシアンとかそういった括り。 このワインのブドウはネゴシアン、このワインはドメーヌなどの会話が飛び交う時にチンプンカンプンというのではよくありません。ここでは、ドメーヌとネゴシアンのふたつの違いを解説します。ぜひ、覚えておいてください。

ドメーヌは完全個人主義

まず、ドメーヌというのは所有地を意味しています。例えばAさんという方が畑を持っていたとして、そこのブドウで造られたワインを自分で造った場合はドメーヌ・Aということで名を付けても特に問題ではりません。 畑を購入し、ぶどうの苗なども実費で購入。さらに、醸造させる機械や瓶詰めなどもすべて自分でするためにかなりの手間がかかります。当然ながら、本数があまり出荷できないために高額になることもしばしば。 ロマネコンティなどもドメーヌですが、ブルゴーニュ地方のワインの多くはこういったドメーヌによるものです。ドメーヌのワインの大きな特徴としては、非常にその畑の個性や醸造家の個性が出やすいということです。 それぞれの哲学に乗っ取って造られているワインですので、隣の畑のBさんのワインとは全く違う性格のワインが生まれます。ただし、当たり年にはとても良いワインができるのですが、外れた時は同じ人が造ったの?というような場合もあるようです。

ネゴシアンは大量生産に向く

一方、ぶどうを造っているけれどワイン醸造まで手が回らない、という農家さんも多くいます。そこまでリスクを背負ってワインがだめになったら、夜逃げするしかないという生活はかなりスリリングです。 そのため、ワイン商と呼ばれるネゴシアンがこういった農家のブドウを買い占めて、醸造やワインの瓶詰めなどは別の企業で行っているわけです。安定的に生産ができますし、生産量も多くなります。 ボルドーの場合はアサンブラージュワインが主ですので、ネゴシアンが多くいます。ハズレ年でも、割合を変えることができるので比較的安定した味わいが楽しめます。逆に、飛び抜けて個性的であるというワインが出来にくく、良い意味で期待を裏切るワインが登場することがあまり期待できないわけです。

一長一短がワインの面白さ

ドメーヌとネゴシアンは、双方一長一短です。ただし、ワイン造りに関してはこの方法が一番良いと思われるものはありません。 何が良いのか、わからないのがワインの楽しさでもあるのです。ネゴシアン、ドメーヌの味わいの違いを余裕を持って楽しむことこそ、ワイン好きのとるべき行動ではないでしょうか。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る