お手頃価格でも美味しいチリワインの魅力

ワイン

なぜチリワインは美味しい?

日本では、多くの外国産ワインが販売されていまが、その中でもお手頃価格でも美味しいチリワインは人気があります。チリでは1818年のスペイン独立後、本格的なワイン造りが始まったため、ヨーロッパの国以外ではワイン造りの歴史が最も古い国です。

チリワインが美味しい最大の理由は葡萄の生育やワインの醸造に適した自然環境に恵まれていることです。チリの西側は寒流のフンボルト海流が流れている太平洋に接し、東側は標高が高く寒気を吹き下ろすアンデス山脈があり、北側はアタカマ砂漠、南側は南極大陸に続いており、南米の国の中でも南北に細長い国です。日中は暑く夜は寒いので寒暖の差があり、乾燥している内陸地帯は3000mから4000mぐらいの山脈が連なっています。特にサンチアゴを中心とした南北1200kmに及ぶワイン地帯の夏は、太陽の日差しが強く乾燥し、冬は雨季に入るため豊富な雨が葡萄の生育を助けています。

また、気候は地中海性気候なので夏の気候は乾燥し、葡萄に対して菌の繁殖やカビ対策の必要性がないので化学肥料や消毒も不要です。これらの恵まれた自然環境の影響によって、葡萄の天敵である「フィロキセラ」害虫の侵入がないため、チリの葡萄栽培は無農薬で行われる有機農法を取り入れている葡萄栽培農家も多いです。これらの自然環境がフルーティで味の濃いチリワインを造っています。この太平洋と標高の高い山脈の麓に広がった中央部がワインの葡萄栽培に適した環境であり、広大な葡萄畑が広がり、多くのワイナリーがあります。

また、チリワインがおいしい理由は、ヨーロッパではすでに絶命した葡萄の古い品種の多くが現在も栽培されていることです。さらに、人件費も比較的安いため機械を使っての収穫がしにくい所が多い葡萄畑では手摘みによる収穫が多く行われているため、葡萄の実のみ収穫することが可能なので美味しいワインを造ることができます。


価格はお手頃でもチリワインは美味しい!

チリワインがお手頃価格で買える理由は、日本とチリの間にFTA(自由貿易協定)が結ばれているのでチリワインの輸入に対して関税がかからないため、美味しく良質なチリワインがお手頃価格で購入することができます。

チリワインのラベル表示について特別な決まりはありませんが、ワインラベルに”RESERVE”と表記してあるワインはランクが上級のものであり、 “RESERVAE ESPECIAL” “GRIN RESERVA”などと表記してあるものはランクが最上級のワインです。

チリワインは、フランスのボルドー地方の影響を強く受けているため良質で美味しいワインです。世界の多くの国々からも高く評価されているにも関わらず、お手頃価格で購入できるので、世界中で人気があります。比較的白ワインより赤ワインの生産量の方が多いです。「チリカベ」と呼ばれているくらい有名な赤ワインの葡萄品種、カベル・ソーヴィニヨンがワイン生産の約40%以上を占めています。主な品種はカベルネ・ソーヴィニヨン、カルメネール、メルロー、シラー、ピノ・ノワール、マルベック、ソヴィニヨン・ブラン、シャルドネ、リースリング、ゲヴュルツトラミネール、セミヨンなどです。これらは日本に輸出されています。

ワインが好きな方で産地や銘柄などに関心やこだわりがない方には、チリワインがおすすめです。ワインの価格も手頃価格から高価なものまであり、種類や味も豊富なので、多くの人々に好まれるワインです。このチリワインの魅力は、お手頃価格でも美味しいワインが多いので、失敗することがないことです。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る