あいた口が塞がらない!世界最高峰のワインの価格を紹介!

ワインって高い飲み物ですか?

僕は、私はワイン好きです。という言葉を聞くと、おしゃれというイメージがあるようです。 しかし、それと同時にお金持ちというイメージも強く感じさせるようです。焼酎が好き、日本酒が好きという方は偏見ではありませんが、それだけの情報ではお金持ちというところにたどり着きません。 なぜ、ワインだけがお金持ちというキーワードと結びついてしまうのでしょうか。その理由は、1本で嘘かのような価格がついてしまうワインが多くあるからです。ワインは歴史の長いお酒ですので市場が世界規模です。 さらに、その中で世界的に有名になったワインがあるとしたら、需要は凄まじいものとなります。生産量が少ないため、世界中のお金持ちが飲みたいとそのワインをオークションにかければ、とてつもない価格になるのは仕方ありません。 1本10万円、100万円など嘘だと信じたいワインが生まれてしまうのです。さて、ここではそんなワインの中でも高額なワインを紹介します。飲む機会が訪れる可能性もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

モンラッシェ

ブルゴーニュ地方には、モンラッシェという村があります。コートドボーヌという地区にある村の一角の畑なのですが、ここで生まれる白ワインは恐ろしい価格を毎年つけます。 とある年の高額ワインランキングでも上位に入っています。例えば、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ グラン・クリュですが、グランクリュは最高ランクの畑で穫れたブドウを使っていますので、言わずとも高級ワインとなります。 平均額、1本が46万円で、最高額が136万円です。また、同じ村に畑が数カ所あるので持ち主が違います。ドメーヌ・ルフレーヴ モンランッシェ グラン・クリュに関しては、平均価格が57万円です。驚きの価格でしょう。

トロッケンベーレンアウスレーゼ

ドイツワインの格付けは、QBAというブドウ収穫時の糖度の高さで肩書きが変わります。その中でもトップのトロッケンベーレンアウスレーゼは世界3大貴腐ワインのひとつとして有名です。 エゴン・ミュラー=シャルツホーフ リースリング トロッケンベーレンアウスレーゼは、とある年に平均価格64万円、最高額が140万円です。ワイン1本にこれだけの価格が付く訳ですから、ドイツワインも侮れません。 年間で100本程度しか出荷しないため、恐ろしい価格が付けられるようです。

アンリジャイエ

ロマネコンティも、凄まじい価格ですが、アンリジャイエという世界的に有名なオーナーの畑です。リシュブールと言う畑のグランクリュですが、とある年の最高額は541万円です。完全にワインを超越してしまっています。 この傾向が良いのか悪いのか、誰にも答えは出せませんが不思議な世界であることは確かです。とはいえ、一度で良いので味わってみたいものですね。

人気の通信教育はこちら

知ることで、もっと美味しく。ワインのすべてがわかる講座。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ワイン資料 ワイン

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る